ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクフィールディング

はじめに

当社では、社会貢献活動「緑化支援運動」の一環として、国が推進している分収造林制度を利用し、国有林(茨城県)に木を植えて育て、森林保護・環境保護を推進するプログラム“HISCOの森”を計画しました。

“HISCOの森”とは
HISCO とは、当社の旧社名である日立計測器サービス(株)の英文社名である Hitachi Instruments Service Co., Ltd. の頭文字をとって HISCO(ヒスコ)と名づけています。

分収造林制度とは
国有林の土地に利用者が木を植え、育て、一定の期間育てた後に伐採し、国と分収する制度で、国有林における国民の参加による森林づくりです。


この一帯に植林をします。


植林地からは海が望めます。

植林該当地

当社担当植林該当地

茨城県日立市小木津町字小木津山 国有林 の 1.8ha を“HISCOの森”として、植林活動に取り組んでいます。


植林樹種

以下の針葉樹や広葉樹を植林し、林道には桜並木を造りました。

植林樹種 植林樹種

植林計画

初回の植林活動は、2002年04月27日にスタートしました。

植林計画
実行 事業種 細別 面積(ha) 備考
年次 年度
1 '02 新植

保育
地拵
植付
下刈
1.80
1.80
1.80
5000本植樹
2 '03 保育
補植
下刈
植付
1.80 15%以上被害の場合
3 '04 保育 下刈 1.80
4 '05 保育 下刈
植付
1.80
5 '06 保育 下刈 1.80
9 '10 保育 除伐 1.80
11 '12 保育 つる切 1.80

現在は契約している森林組合にて、育林を継続しています。

植林活動報告

2002年4月

いよいよ 2002年 4月27日に植林活動がスタートしました! 植林活動では、社員と家族、本社近隣の新宿区立花園小学校5年生たちの総勢200名が参加し、晴天の中、気持ちの良い汗を流しました。

2003年7月

2003年 7月12日、新入社員と当社エコクラブの合同による「HISCOの森」の下刈りが実施されました。

2004年7月~

毎年夏、当社新入社員のボランティア社会貢献活動の一環として、新入社員およびその他社員が参加し、HISCOの森下刈りを継続実施しました。
そして、初回の植林活動から7年が経過した2010年以降は、木々も十分な大きさに成長したことから毎年の下刈りを終了し、育林活動に移行しています。

森とのふれあい活動

2003年11

2003年11月1日、当社エコクラブ主催により、「HISCOの森」で花園小学校の児童と社員の子供、社員の総勢47名が参加し、「森とのふれあい活動 2003」を開催しました。
「都会の子供たちに、森林の大切さや自然の中で遊ぶ楽しさを体験してもらうこと」をテーマに、森で拾い集めたもので作品を作ったり、ヒノキの伐採を体験したりしました。