ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクフィールディング

研磨目的に応じたさまざまな消耗品を取りそろえております。以下は主な消耗品であり、掲載品以外の商品については、お問い合わせください。

(製造元:Allied High Tech Products, Inc.)

取扱会社:株式会社 日立ハイテクフィールディング

研磨ディスク

シリコンカーバイド研磨ディスク

耐水性が高く、試料の歪みや変形を最小限に抑える切断特性を持った、丈夫な研磨ディスクです。グリットは260-5µmの間を12段階で準備しています。

プレーンバックディスク(Pk/100個)

裏面接着剤付ディスク(Pk/100個)

ラッピングフィルム

ダイヤモンドラッピングフィルム


ダイヤモンドラッピングは標準タイプとタイプBがあります。標準タイプは非包埋断面試料作成、TEMくさび形状/平面形状研磨、FIB試料の薄層加工に使用します。一方タイプBは表面のビーズが摩耗するにつれて、新しいダイヤモンド粒子が露出するので研磨力を維持できます。主に包埋試料に使用します。

標準ディスク(Pk/5個)

タイプBディスク(Pk/5個)

Al2O2、SiC、SiO2ラッピングフィルム

ラッピングフィルムは、酸化アルミニウム、炭化ケイ素、酸化ケイ素のいずれかの研磨剤を含む樹脂でコーティングされたマイラーフィルムで構成されています。エッジ保持性が重要な微細研削やラップ仕上げに適しています。

8″(203 mm)プレーンバックディスク(Pk/50個)

ポリッシングクロス

織布、不織布、起毛などのさまざまなタイプのポリッシングクロスは、目的の研磨工程にて研磨液と合わせて使用します。



研磨剤

ダイヤモンド研磨液(アルコール系、グリコール系、水性)、コロイダル研磨液、アルミナがあり、研磨工程や材料など目的に合わせて使用します。

ダイヤモンドコンパウンド

ALLIED社のダイヤモンドコンパウンドは、金属組織試料の作成のために特別に調合され、研磨液と比較してダイヤモンドの濃度が高くなっています。水溶性で、グリコール系またはアルコール系潤滑剤と共用できます。一般にダイヤモンドコンパウンドは、単体の製品として、またはポリッシングクロスにダイヤモンド研磨液を塗布する前の「基剤」として使用します。

ダイヤモンド研磨液

コロイダル研磨液

最終研磨に使用するコロイダル研磨液は、キャリア液の全体に分散した研磨剤粒子の混合物です。
この組み合わせには化学的機械的研磨作用があるため、表面が変形しません。

X-Prep消耗品


ご相談・お問い合わせ先

製品・サービスについてのご相談・お問い合わせは、サポート情報をご覧ください。

関連製品