ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクフィールディング

PIO基板更新によりシステムの信頼性が向上します。

取扱会社:株式会社 日立ハイテクフィールディング

特長

ご使用システムの信頼性向上、保守性向上

PIO基板の経年劣化による故障を未然に防止します。

実装スペースの変更不要

同形式基板、同等機能基板のため、実装スペースの変更を必要としません。*

システム更新費用の分散化やメンテナンスコスト削減

システム一括更新の場合は、多大な費用を必要とします。PIO更新を別に行うことで更新費用の分散化が図れます。また重要ループ、基板種別順などを計画的に更新することで、メンテナンスコストの低減が図れます。

*
PAI620、PAO610では、2SLOTが1SLOTとなります。

適用事例

計画的なPIO基板の更新によって、システム全体の信頼性向上と長寿命化が図れます。

電子部品の寿命

電子部品にも寿命・劣化があり、それぞれ固有のモードを持っています。
(各部品の寿命・劣化は、ご使用の環境により大きく変化します。)

部品名寿命の定義例主な寿命・劣化モード
アルミ電解コンデンサ 定格温度条件にて保証時間を定義(初期容量の80%) 電解液減少による容量低下
リップル増大による動作不安定
フォトカップラ 定格最大電流・最大温度条件にて保証時間を定義(初期光量の80%) LED光量減少によるON/OFF動作不良
LSI・IC・トランジスタダイオード (明確な定義なし) 酸化膜劣化・マイグレーションなどによる内部故障、出力停止

対象PIO基板

日立総合計装システムに使用の#600シリーズ PIO基板 を対象と します。

#600PIOシリーズの主な基板形式

形式機能形式機能
PAI620 絶縁形アナログ入力基板 (2SLOT) PDI630 デジタル入力基板
PAI624 絶縁形アナログ入力基板 PDO630 デジタル出力基板
PAI630 非絶縁形アナログ入力基板 PPI610 パルス列入力基板
PAI620I 一括絶縁形アナログ入力基板 PPI630 パルス入力 (メモリ付DI)基板
PAO610 アナログ出力基板 (2SLOT) PPO610 パルス出力基板
PAO614 アナログ出力基板 PCM600 インテリジェント機器接続基板

部品(アルミ電解コンデンサ)使用場所例

EXシステム MLC

その他形式のPIO基板や信号変換器、リレーユニットにつきましても、計画的更新を承ります。
詳細につきましては、お近くの担当サービスエンジニアにご相談ください。

ご相談・お問い合わせ先

製品・サービスについてのご相談・お問い合わせは、サポート情報をご覧ください。