ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクフィールディング

アルミ電解コンデンサを一切使用しない省電力化した新形HINL-Aシリーズ登場

新形HINL-Aシリーズは、従来製品比で20%以上消費電力を削減し環境に配慮しています。また、有寿命部品であるアルミ電解コンデンサを使用していないため、従来製品より信頼性が向上しています。
新形HINL-Aシリーズへの更新を、ぜひご検討ください。

取扱会社:株式会社 日立ハイテクフィールディング

特長

信頼性向上

有寿命であるアルミ電解コンデンサを使用していません。また、内部回路の簡略化、部品点数の削除を行い、信頼性の向上を図っています。

省電力・環境配慮

環境負荷の低減のため、従来製品比で20%以上消費電力を削減しており、機器本体としては鉛フリーはんだなどを採用しています。

リプレース対応

従来製品と同じ外部端子配列のため、ソケットはそのままで本体のみの入れ替えが可能です。

消費電力の削減

消費電力が削減できます

HINL 1台あたりの消費電力を平均20%以上削減しています。
記載されていない製品は弊社サービスエンジニアにご確認ください。

消費電力の削減はCO2削減につながります

HINL-Aシリーズ3台の更新で、年間約15kgのCO2削減効果が見込まれます*1 。これは、樹齢50年の杉の木(樹高22m、幹の太さ26cm)が1年間に吸収するCO2量に相当します*2

*1
排出係数0.555kg/kWhにより計算しています。
*2
環境省/林野庁「地球温暖化対策のための緑の吸収源対策」より

信頼性向上と長寿命化

アルミ電解コンデンサを使わない設計

従来のHINLシリーズで使用しているアルミ電解コンデンサの寿命は、約6~8年です(設置・使用環境により異なります)。アルミ電解コンデンサの経年劣化による容量低下を放置しておくと、製品が誤動作を起こす可能性があります。

アルミ電解コンデンサを使用しないことで、長寿命化が図れました。

ご相談・お問い合わせ先

製品・サービスについてのご相談・お問い合わせは、サポート情報をご覧ください。