ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクファインシステムズ

トロリ線(架線)の敷設に変化が発生すると、異常摩耗が起きたり、パンタグラフに損傷を与え、安定した走行の妨げになります。架線検測装置は、トロリ線の摩耗・偏位・高さの測定を高速で高精度な検測を行い、検測中にリアルタイムでの表示を可能としています。また、その他多彩なオプション機能を備えています。

非接触式

トロリ線摩耗状態、トロリ線偏位位置及びレール面からのトロリ線高さ等を、昼夜間に連続測定する装置です。
測定中リアルタイムに測定データを表示すると同時に、画像データと合わせて記録媒体に保存します。

特長

  • 非接触検出技術により高速高精度測定実現
  • 高い耐震性と、耐環境性能
  • リアルタイム処理による検測状態の確認を実現

接触式(多眼式)

電気検測車(保守用車)に搭載し電車線の摩耗状態、電車線、偏位位置、レール面からの高さ、パンタグラフの衝撃加速度等を走行しながら連続測定する装置です。

特長

  • 4tダブルキャビン車を採用し、豊富な納入実績に基づく快適な操作性
  • 接触式高精細センサカメラ方式による安定性
  • リアルタイム処理による検測状態の確認を実現