ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクファインシステムズ

鉄道の安全を支えて50年
世界に誇る日本の鉄道輸送を支える鉄道検測装置を提供

鉄道関連製品

1966年にはじめて在来線の軌道検測装置を製品化し、その後1973年には在来線の架線検測装置、1974年には新幹線用の総合検測車(Drイエロー)向け軌道・架線検測装置を次々に製品化しました。
今では安全運行や乗り心地の向上に向け、さまざまな路線で私たちの装置が活躍しており、国内ではトップシェアを獲得しています。
また、軌道や架線の検査だけではなく、周辺設備の検査装置にも取り組んでおりお客様の幅広いニーズにお応えしています。

取扱会社:株式会社 日立ハイテクファインシステムズ

レール(軌道)検測

軌道検測の測定内容
レール(軌道)に高低差やうねりが発生すると、列車の乗り心地が悪くなる為、補修する必要があります。軌道検測装置は、レールの高低・通り・軌間等を検測します。

トロリ線(架線)検測

架線検測の測定内容
トロリ線(架線)の敷設に変化が生じると、異常摩耗が起きたり、パンタグラフに損傷を与え安定した走行の妨げになります。架線検測装置は、トロリ線の摩耗・偏位・高さを高速かつ高精度で検測します。

周辺設備検測

電車を日々安全に走行させるためには走行する電車の周囲に障害物がない安全な空間が必要です。周辺設備装置は、走行周辺やトンネル内、そして前方に障害物がないか検測します。又、各種検測装置から収集した検測データを当社製ソフトウェアにて分析する地上処理システムも実績がありご提案可能です。

IoT対応営業車搭載型検測

営業車両に検測装置を搭載し、営業走行と同時に検測を行う装置です。

製品ラインアップ


新幹線電気・軌道総合検測車
(イーストアイ)


軌道検測車(営業車搭載型)


自走式軌道検測車


牽引式軌道検測装置


架線検測装置