ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

2016年6月17日

1973年、日立製作所が世界に先駆けて偏光ゼーマン原子吸光光度計501形を発売して以来、本年2月で累計10,000台の出荷を達成致しました。ひとえに皆様方からのご支援の賜物と考えております。
これを記念して、皆さまのお仕事にお役立ていただけるよう測定のノウハウセミナーを開催いたします。

メーカーのアプリケーション技術者がそれぞれの分析装置について、各テーマを講演いたします。
ご多用とは存じますが、ぜひ本セミナーへご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

開催日

2016年7月26日(火)

開催時間

13:15~17:00(受付開始 13:00~)

会場案内

トラストシティカンファレンス・新大阪
大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー2階

参加費

無料

定員

40名様

問い合わせ先

株式会社日立ハイテクサイエンス
大阪営業所 セミナー担当
TEL:050-3131-6973

お申込み

ご好評を頂き、満席となりました。

お申込みいただきましたお客様へ

受講の可否につきましては、開催日の約1週間前までに、メールもしくは FAXにて「受講票」をお送りいたします。
なお、誠に勝手ながら定員になり次第、締め切らせていただきますので、予めご了承願います。

プログラム

プログラム
時間内容
13:15開催挨拶
13:20試料前処理のノウハウ
応用技術部:並木 健二
14:00原子吸光光度計の基礎
応用技術部:片山 裕美子
14:40原子吸光光度計の実践とノウハウ
光学設計部:米谷 明
15:20休憩
15:30ICP発光分析装置の基礎とノウハウ
応用技術部:夏井 克巳
16:30水銀分析方法のノウハウ
平沼産業(株)設計部:栗田 誠也
16:50質疑応答
17:00閉会
  • * 終了後、ラボ見学を実施します。
    見学を希望される方は申し込みフォームの「連絡事項」欄に『ラボ見学希望』とご記入ください。