ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

2016年12月14日

2017年1月7日~9日に神戸で開催される、第30回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウムにて、Hitachi High-Technologies Science America製SDD検出器「Vortex®」に関する展示を行います。また、1月9日に開催されるランチョンセミナーでは、放射光研究施設への納入実績とその研究事例や高係数率検出を生かしたDPPシステムとの組み合わせ事例などを最新の技術情報を交えご紹介いたします。

開催概要

開催日

2017年1月7日(土)~9日(月・祝)

主催

日本放射光学会

会場案内

神戸芸術センター
兵庫県神戸市中央区熊内橋通7-1-13

参加費

会員区分により異なります。詳細は日本放射光学会ウェブサイトにてご確認ください。

申し込み方法

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー
日時 1月9日(月・祝)12:20~13:20
会場 神戸芸術センター 5階会議室501
参加費 無料 ※学会参加者に限ります
定員 70名
お申込み
講演内容 「シリコンドリフトX線検出器(SSD)「Vortex®」を用いた研究事例とSDD技術紹介」
株式会社日立ハイテクサイエンス
Hitachi High-Technologies Science America, Inc.

Hitachi High-Technologies Science America製SDD検出器「Vortex®」の放射光研究施設への納入実績とその研究事例や高係数率検出を生かしたDPPシステムとの組み合わせ事例などを最新の技術情報を交えご紹介いたします。