ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

信頼性の高い試験結果

当社はISO/IEC17025の品質システム・技術的能力を持つ試験所として信頼性の高い試験サービスを提供します。 またグローバルな相互認証(MRA)制度により、海外主要国において再試験が不要です。

試験所(化学試験)

蛍光X線分析装置では検量線作成に使用する標準物質については、その値が正しいものであることを保証する必要があります。 日立ハイテクサイエンスは、2004年9月にJAB(公益財団法人日本適合性認定協会)より「ICP発光分光分析法によるプラスチック中の重金属濃度試験方法」 という化学分析法について認定を受けました。これにより、プラスチック(ポリ塩化ビニル、ポリエチレン)中の Cd、Pb、Cr含有量について国内・海外の相互認証に基づく分析値を提供できることになりました。試験所が、 蛍光X線分析装置用の標準物質に標準値を付与することにより、信頼性の高い標準物質を提供できます。

試験の認定範囲

- プラスチック中の有害金属 -
元素の種類 下限(mg/kg) 上限(mg/kg)
Cd 1 1500
Cr 1 1500
Pb 5 1500

試験所(物理試験)

ISO 9001 では測定値の正当性が保証されなければならない場合には、測定機器は定められた間隔又は使用前に国家計量標準にトレーサブルな計量標準に照らして校正することを求めています。㈱日立ハイテクサイエンス物理試験所は、2002 年 10 月に JAB(公益財団法人日本適合性認定協会)より試験所認定を受け、国家計量標準にトレーサブルな試験結果を提供することが可能になりました。当試験所の認定範囲は JAB の「鉄鋼・非鉄鋼」の「厚さ試験」で、JIS H 8501 に基づく蛍光X線式試験方法で認定を受けたものです。

代表的な厚さ試験の認定範囲

元素の種類 下限(µm) 上限(µm)
Ti 0.1 15
Ni 0.1 35
Cu 0.1 40
Zn 0.1 40
Pd 0.1 20
Ag 0.07 70
Sn 0.1 70
Pt 0.05 7
Au 0.035 7
Pb 0.1 15

試験依頼票ダウンロード

物理試験所の試験依頼票をダウンロードいただけます。

*
Internet Explorerバージョン8以前ですとダウンロード出来ない可能性があります。

試験所ニュース

SFT/FTシリーズをお使いのお客様へ物理試験所発行の『試験所ニュース』をお届けします。

試験所ニュース
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1

お問い合わせ

試験所に関するお問合せ
物理試験 TEL:0550-76-3344(代表)
化学試験 TEL:03-6280-0068
標準サンプルの購入に関するお問合せ
エポリードサービス株式会社

フリーコール

0120-987-233