ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

直接セルへ投入して測定することが困難な、固体・粉体試料を連続的・効率的に測定できる自動水分測定システムです。

試料から測定セルにかけての流路は、シンプルな構成ながら外気を確実にシャットする試料容器、直接外気に触れることがないクローズドフローにより、正確な測定と容易なメンテナンスを可能にしています。
手間をかけず効率的に行うための、各種ファイル・試薬自動交換など、さまざまな機能を備えたシステムです。
左写真:AQS-22320構成例
(AQ/AQV-2200+気化装置SE-320)

価格:¥4,010,000~(AQS-22320F)

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

  • 連続20検体、自動測定の高効率 です
  • 試料ごとに、最大3ステップの昇温制御が可能です
  • 試料ごとに測定条件の設定、切り換えが可能です
  • 試薬自動交換機能を標準で装備しています
  • 取り扱いが簡単な試料容器を使用しています
  • 試料の加熱温度は、室温~300℃まで任意に設定できます
*:
平沼製品は、据付費が必要となる機種もあります。詳細は、別途お問い合わせください。

仕様

標準仕様(気化装置 SE-320)
項目内容
水分気化法 通気加熱気化法
試料容器 硬質ガラス容器、アルミ箔パッキン、PTFE製ふた
試料容器設置数 20検体
試料量(体積) 約10mL以下
キャリヤーガス・流量 N2ガス、30~300mL/分(設定による)
試薬交換 測定回数の設定にて、自動交換
乾燥剤 モレキュラシーブス
ヒータ・温度制御 バンドヒータ、PID制御方式
加熱温度設定範囲 室温~300℃、水分測定装置にて3段階までの設定が可能
測定終了位置の設定 終了位置へストップピンを設定、もしくは容器未検出時
測定終了後の処置 終了ブザー、電源遮断(設定による)
電源・消費電力 AC100~240V、50/60Hz、約150VA
大きさ・重さ チェンジャ:350(W)×510(D)×390(H)(mm)、約19kg
バルブ部:275(W)×440(D)×280(H)(mm)、約9kg
*平沼製品は、据付費が必要となる機種もあります。詳細は、別途お問い合わせください。

特別付属品(オプション)

項目内容
操作スイッチAE 水分気化装置単独でのニードル部の上下、テーブルターンなどの1ステップ操作用で、日常のメンテナンスのお役に立ちます。

アプリケーションデータ

水分測定装置の測定例を紹介します。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。