ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクマニュファクチャ&サービス

環境テーマ

【環境活動の基本方針】

  1. 環境マネジメントシステムを運用・維持し、継続的な改善を行います。
  2. 本来業務に根差した環境テーマを積極的に取り入れ、活動の活性化を図ります。
  3. 環境法令を順守すると共に、ステークホルダーとのコミュニケーションを図り、生物多様性保全のために自然破壊を防止し資源保護に努めます。
  4. クリーンエネルギーや再生可能エネルギーの導入を推進し、低炭素社会を実現します。

【環境活動の重点項目】

  1. 製品アセスメントを強化すると共に、研究・開発段階から製品のエコ・デザイン化に取り組みます。
    • 新たな環境技術を導入し、環境に優しい製品の開発を推進します。
    • 製品開発の業務フローを継続的に改善し、製品の持つ環境性能の質的な向上を進めます。
    • グリーン・コンシューマーとしてグリーンサプライヤーの開拓と拡大に努めます。
    • 製品に含まれている有害物質の代替化を推進し、有害物質の削減を進めます。
  2. 事業所の総合整備計画と開発から設計・製造に渡る全プロセスにて、総量削減に向けた環境施策を推進します。
    • 供給電力不足に対応するため更なる省エネルギー活動に取り組みます。
    • 地球温暖化を防止するため、エネルギー使用量とCO2排出量の削減に取り組みます。
    • 自然エネルギーの活用や最先端設備の積極的な導入を図り、環境配慮型の新建屋を建設し、低炭素化を進めます。
    • 資源の枯渇を防止するため、廃棄物の3R(発生抑制、再使用、再生利用)を推進します。
    • 法令による規制物質や日立グループによる指定物質の削減を推進します。
    • 事業所の緑化確保に努め、環境施設の拡大に取り組みます。
  3. 製品の保守およびサービス性の向上により事業全体のエコ・デザイン化に取り組みます。
    • 梱包材削減やモーダルシフトを推進し、環境負荷の低減に努めます。
    • 主要な保守部品や消耗部品の長寿命化に努めます。

環境目的と具体的な施策

環境目的と具体的な施策
環境目的 2015年度 具体的施策
方針 目的
環境保全 サプライヤチェーン情報伝達
廃棄物処理委託先の適正処理状況確認
VOC大気排出量原単位改善
環境法規制の順守
取引先環境負荷把握と低減目標の設定
廃棄物処理委託先の現地確認による適正処理状況確認
VOC削減施策の実施
  • 洗浄雇、治具によるIPAの削減
  • 有機溶剤の使用量低減
フロン排出抑制法への対応厳守
  • 4半期ごとの簡易点検および3年ごとの定期点検の実施
地球温暖化の防止 CO2排出量削減
エネルギー使用量原単位改善
省エネ施策の実施
  • 各部署による省エネ施策の履行
  • クリーンルームの電力量削減
  • 省エネ設備の導入推進
  • ST低減による作業量原単位の低減
資源保護 廃棄物等発生量原単位改善
廃棄物処理委託量原単位改善
廃棄物削減施策の実施
  • 納入品の梱包材削減
  • 廃プラスチックの分別徹底
  • 金属くずの分別徹底
  • 一般廃棄物の分別強化
  • 通い箱のリユース化推進