ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクマテリアルズ

RFIDの特徴

LOSSからLESSへ

RFID(Radio Frequency IDentification)システムは、ID タグにより、非接触で、人や物の個々の情報を簡単に識別できるシステム。アクアパークやスキー場、工場、ビルをはじめ幅広い分野で “個別ID 管理システム”として活躍しています。
当社では、テキサス・インスツルメンツ社の低周波RFID(TI-RFID)を国内最初の代理店として販売して以来、RFID システムを使用した様々なアプリケーションを提供してきました。
現在では、お客様のあらゆるニーズにお応えできるように、13.56MHz 製品、マイクロ波製品、UHF製品と取り扱い製品を拡大しています。時間、人手、業務、場所などの“LOSS”を解消して、タイムレス、コストレス、タスクレス、スペースレスといった“LESS”を高いレベルで実現するRFID システムの世界をご紹介します。

RFIDの基本構成

RFID システムは、個体管理の基となる「ID タグ」、通信の中継をする「アンテナ」、ID 情報の読み取り・書き込みを行う「リーダライタ」から構成されます。ID タグには、IC メモリと通信回路から成るCMOS チップと超小型アンテナを内蔵。アンテナは特殊な線材でできており、リーダライタと組み合わせて効率的な通信ができるように設計されています。
リーダライタは、RFモジュールとコントロールモジュールから成り、アンテナを通じてホストコンピュータからのデータをID タグに書き込んだり、ID タグのID データをホストコンピュータに伝送したりします。こうした基本アイテムと、携帯用ハンディターミナルや接続アンテナを増やせるアクセサリなどを組み合わせることにより、それぞれの現場にあったシステム構築を行うことができるのです。

RFIDの基本構成