ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

取扱会社:株式会社 日立ハイテクソリューションズ

貴社の製造現場はこうなっていませんか?

製造現場に潜在する問題

  1. 最新情報は常に後手となり、データが新鮮ではない!
    (競争力の低下)
  2. 入力ミスなどで、データのトレースが不正確!
    (お客さまへの迅速な対応ができない)
  3. 改修・入力の人件費高騰!
  4. 作業実績表、現品票などの帳票はいつかは破棄(ゴミ)!
    (ECOではない)

●グローバル競争●人件費高騰●働き手減少 我が社の将来は・・・

RFID工程・部材トレースシステムで解決!

現場の作業者がパソコンやハンディターミナルで入力をするのは大きな負担となり、作業者の作業時間増にもつながります。そこで・・・作業者が無意識にデータを入力する方法があります。

現品票をRFIDに置き換えましょう!

  1. 作業時間開始時にモノと一緒に流れてきた現品票を、指定場所(RFIDリーダ)の上に置くだけ!
  2. 作業終了時は現品票を、取り上げてモノと一緒に次工程へ流すだけ!
これだけで、作業実績データがコンピュータへ取り込みます。
RFIDの現品票は書換可能なので何度も繰り返し使えます。

RFID工程・部材トレースシステム

本システムはRFID( Radio Frequency Identification )を利用することにより、現場の作業者に負荷をかけることなく工程・部材実績を収集する事を目的としたシステムです。
いつ・どの部材が・誰によって・どの製品に使われたのかを、現場の作業者が意識することなく、リアルタイムにデータ生成・管理します。

※1

※2

※3
写真※1 ※2 ※3 提供 株式会社リコー

システムの構成例

各ハードウェア、システムの価格につきましては、別途お問い合わせください。

関連製品