ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

電子パーツカタログソリューション

パーツカタログの課題

  • 製品の保守部品を素早く準備するには?
  • 誤発注によるコストを低減するには?
  • 利用者がストレスなく使いやすいカタログとは?

導入イメージ

導入効果

  • パーツカタログ製作費用の低減を支援します。
  • Webパーツカタログの適用により、情報遅延および誤発注の低減を支援します。
  • 用者の権限や環境に応じたパーツカタログ公開により、顧客へのサービス向上アップを支援します。

お客さまのご要望によりシステムへのカスタマイズも行っております。

PartsList Masterは高機能な電子パーツカタログ(HTML形式)を効率よく作成・管理・公開するシステムです。
以下の特長があります。

  1. Web掲載データを使って、紙面データを作成します。
    三元管理から、一元管理へ管理を簡素化します。
  2. 作成ツールと公開ツールが連携しています。
    新規・改訂・修正公開までの時間が大幅に削減します。
  3. XVLが掲載可能な3次元Webパーツカタログで既存の2Dデータ活用もできます。
    新規システム導入を阻む「既存データ移行」も解決します。
  4. 情報共有化ツールとしても応用可能です。
    社外ではパーツカタログ、社内ではPLMとして活用できます。
  5. 複数ブランドの一元管理が可能です。
    扱いブランドの増加にも対応可能で、在庫統合、部品共通化の検索ツールとしても最適です。
  6. パーツカタログの作成工程の分業化が可能です。
    Web上での作業により、国際(在宅)分業も可能です。
    BOM作成, 設計変更 : 日本
    イラスト作成, Web掲載 : 東南アジア
  7. 発注システムなどとの連動で間接的効果にも対応する柔軟な応用性があります。
    部品在庫圧縮他、さまざまな応用の可能性があります。

推奨動作環境

仕様サーバークライアント
対応機種 IBM PCまたはその互換機
OS Windows2008 Server R2 推奨 Windows7(32Bit版)
CPU Intel Xeon MP4.0GHz X2 以上 2GHz以上のIntelまたはAMD CPUを推奨
必要メモリ 8GB以上を推奨 1GB以上を推奨
必要HHD   300MB以上の空き領域
IIS Ver7.5以上(管理/公開機能のみ) Ver7.5以上(管理/公開機能のみ)
XVL Player Ver12.2以上 Ver12.2以上
ブラウザー   Microsoft Internet Explorer Ver 8
SVG   Lattic3D SVG Viewer Ver1.1c以上
フォーマット jpg .gif .bmp .png .pdf .xv2 .wav .mpeg .avi .mov

関連製品