ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

AWM Viewer

テレビリモコンボタン感覚で、3Dモデルを操作

3D簡易ビューワー(AWM Viewer)は、「見る」という基本の主目的から見直し、ユーザビリティを考慮した容易な操作性を実現し、タッチ式パネルへの対応も意識した、3Dの閲覧部分を大きく変革する製品です。
このAWM Viewerを、3Dを閲覧する世界各国のユーザーへ浸透させて、ものづくりの現場を進化させる戦略ツールとして、デファクトスタンダートをめざします。

 

タブレットPCで場所を選ばず操作可能

マウスを使わずに操作できることから、タッチ式パネルで利用した場合でも、違和感なく操作することができます。タッチ式パネルの場合は、画面上のアイコンをタッチすることや、直接3Dに触れることで目的の操作が実行できます。

AWM Viewerは、「見る」という基本の主目的から見直し、ユーザビリティを考慮した容易な操作性を実現し、タッチ式パネルへの対応も意識した、3Dの閲覧部分を大きく変革する製品です。