ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

ごみ焼却場での排ガスに含まれるクロロフェノール、クロロベンゼンの濃度を、またPCB分解処理設備でのPCB濃度を連続的に測定・監視します。

特長

  • 大気圧化学イオン源-イオンストラップ質量分析計を使用し、高精度の測定が可能(MS/MS機能)
    カラムを用いないダイレクトサンプリングによる高速測定(数秒~)
  • 配管接続による連続測定または拭取り法による簡易高速測定
  • 単純操作、シンプルなメンテナンス作業
  • キャスターにより移動可能
  • 標準試料添加による濃度自動校正機能可能(オプション)

基本構成図

ダイオキシン前駆体モニタの基本構成図

ダイオキシン類とクロロフェーノールの濃度相関

仕様

型式CP-2000CP-2000P
サイト ごみ焼却場
廃棄処理場
PCB処理施設
測定物 ダイオキシン前駆体
(トリクロロフェノール・ジクロロベンゼン)
PCB
(1~7塩化PCB)
測定方式 大気圧化学イオン化法 + イオントラップ型質量分析法
検出下限(*) 0.5µg/Nm3 総量 3µg/Nm3
設置場所 屋内、屋外 屋内、屋外
*
排ガス成分により異なる