ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

オイル・ガス精製工業用プロセス屈折率計

  • センサーと指示伝送器のシステム構成
  • 指示伝送器1台にセンサー1台、または2台接続可能
  • プロセス接続:フランジ型
  • 接液部:AISI316L(SUS316L相当)他
  • 溶接部がない構造

用途

  • 硫酸(アルキレーション工程等)、各オイル

取付

センサー取付例

据え付け方

仕様

センサー
モデルPR-23-RP
屈折率の範囲 標準:最大範囲 nD=1.3200~1.5300(温水0~100重量%に相当)
精度 屈折率(nD)で、±0.0002(代表的には±0.1重量%に相当)
温度センサー Pt-1000内蔵(温度補正用)
周囲温度 センサーは、最高45℃、最低-20℃
指示伝送器は、最高50℃、最低0℃
プロセス接続 JIS10K, 20K 50A フランジ/ANSIフランジ150lbs, 300lbs 2インチ
プローブ挿入長:130mm
プロセス圧力 最大1.4MPa(温度120℃以下)、最大1.2MPa(温度120℃~150℃)
プロセス温度 -40~150℃
プロセス接液材質 AISI316L(SUS316L相当) or アロイ20、ハステロイC-276、プリズム:スピネル、
プリズムガスケット:PTFE
指示伝送器
モデルDTR
電流出力 独立2出力、4~20mA、最大負荷1000Ω、出力絶縁 1500VDC or AC(ピーク)
電源 AC100~240V/50~60Hz、オプションDC24V、30VA
センサー接続 1台または2台のセンサーを1台の指示伝送器(DTR)に接続可能。
2台のセンサーに各々別のパラメータを設定可能。
2電流出力は独立しており、プロセスの濃度、温度のどちらでも出力可能。
相互接続ケーブル長さ 標準10m、最長200m(センサー2台接続時はそれぞれの合計長)

洗浄オプション