ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

液体の濃度測定用プロセス屈折率計

  • プロセス接続:フランジプローブ型他
  • 接液部:AISI316L(SUS316L相当)他
  • 旧モデルPR-01-Sセンサーと同形状
  • センサーと指示伝送器のシステム構成
  • 指示伝送器1台にセンサー1台、または2台接続可能

用途

  • 化学 : 苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)、濃硫酸、尿素、アンモニア、塩化ナトリウム、アミノ酸スチレン、ホルムアルデヒド、フェノール、カプロラクタム、PVA(ポリビニルアルコール)、酢酸ビニル、脂肪酸、ソーダ灰、ナイロン塩、ヘキサメチレンジアミン、硝酸、塩化ニッケル…etc
  • 製糖 : 蔗糖、マルトース… etc

取付

センサー取付例

据え付け方

仕様

センサー
モデルPR-21-S
屈折率の範囲 低レンジ nD=1.3200~1.4600
高レンジ nD=1.3800~1.5300
精度 屈折率(nD)で、±0.0002(代表的には±0.1重量%に相当)
温度センサー Pt-1000内蔵(温度補正用)
周囲温度 センサーは、最高45℃、最低-20℃
指示伝送器は、最高50℃、最低0℃
プロセス接続 JIS10K 80A フランジ/ANSIフランジ150lbs 3インチ/サンドヴィックLクランプ゚88mm
プローブ挿入長:149.5mm(スタンダード-STD)、150mm(ロングプローブ-LPS)、302mm(ロングプローブ-LPL)
プロセス圧力 最大1.4MPa(温度120℃以下)
最大1.2MPa(温度120℃~150℃)
プロセス温度 最高 150℃
プロセス接液材質 AISI316L(SUS316L相当)、プリズム:スピネル、プリズムガスケット:PTFE
</table
指示伝送器
モデルDTR
電流出力 独立2出力、4~20mA、最大負荷1000Ω、出力絶縁 1500VDC or AC(ピーク)
電源 AC100~240V/50~60Hz、オプションDC24V、30VA
センサー接続 1台または2台のセンサーを1台の指示伝送器(DTR)に接続可能。
2台のセンサーに各々別のパラメータを設定可能。
2電流出力は独立しており、プロセスの濃度、温度のどちらでも出力可能。
相互接続ケーブル長さ 標準10m、最長200m(センサー2台接続時はそれぞれの合計長)

プロセス接続:スタンダード-STD

センサー挿入長:149.5mm

プロセス接続:ロングプローブ-LPS

センサー挿入長:149.5mm

プロセス接続:ロングプローブ-LPL

センサー挿入長:302mm

洗浄オプション

蒸気によるプリズム洗浄

高圧水によるプリズム洗浄