ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

液体・気体・蒸気の流量、タンクのレベル、圧力などの計測に使用でき、小形・軽量・高機能に加えて使いやすさも考慮しました。

特長

高信頼性を実現

  • 高信頼の半導体複合センサーを採用しています
  • 受圧部にはフランジレス構造のキュービックタイプを採用していますので、液漏れに対する高い信頼性

外部接続口は左右両用

  • 差圧導入口の低圧側と高圧側をコミュニケータでどちらにも設定できます。
  • 配線接続口は左右どちらからでも接続可能ですので、工事の簡便化を図れます。

優れた耐環境性

  • 振動は29.4m/s2まで使用可能です。
  • ゼロ点調整は非接触で行えるため、アンプケースに貫通穴が不要で耐環境性に優れています。

通信方式の選択

  • DCR形インテリジェントコミュニケータを使用した日立独自通信、HARTコミュニケータを使用したHART通信を選択可能です。

マルチバリアブル機能

  • 差圧伝送器1台で、差圧と圧力(静圧)を同時に計測し出力・表示し、機器コスト・設置コストの低減を支援します。


4~20mAの差圧出力に圧力信号を重畳し、EDB500M形複合変換器から独立したアナログ出力が可能です。

密度の圧力補正機能(オプション)

  • 各種液化ガスの密度/圧力補正テーブルを内蔵し、密度の圧力による変化を補正することが可能となりました。マルチバリアブル機能を活かし、差圧伝送器1台でより正確なタンク内のレベル(液面)を計測し、出力することが可能です。

面間補正値の自動設定

  • 隔膜置換器付差圧伝送器の取付け時に、高圧/低圧フランジの面間寸法(h)を入力すると、面間の封入液の温度影響補正値を自動設定します。また、面間寸法を計測することも可能です。本機能により、従来のキャピラリーチューブ部(h部分)の面間補正機能が大幅に使い易くなりました。

ラインアップ

主な測定目的形式製品名
流量測定 差圧伝送器
高耐圧差圧伝送器
温度・圧力補正機能付差圧伝送器
レベル(液位)測定 隔膜置換器付差圧伝送器
液面伝送器
隔膜置換器付液面伝送器
圧力測定 圧力伝送器
隔膜置換器付圧力伝送器
絶対圧力測定 絶対圧力伝送器
隔膜置換器付絶対圧力伝送器
フランジ付絶対圧力伝送器
サニタリタイプ サニタリ差圧伝送器
サニタリ液面伝送器
サニタリ圧力伝送器
電力用 差圧伝送器
高耐圧差圧伝送器