ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

IoT/M2Mプラットフォームサービス PTC Axeda

1ヵ月単位のトライアルプラン…お問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします

概要

Axeda IoT/M2Mプラットフォームサービス構成

Axeda IoT/M2Mプラットフォームサービス構成

ご参考(英語)

Axedaの主要標準機能

Connected Service  データ参照・遠隔診断

遠隔地の装置のデータ・ファイルを収集して装置情報を把握し、閾値設定により自動アラートメール発報やイベントを実行
【用途】予防保全、障害時一次解析、部品交換指示、新製品設計

Connected Access  画面共有・リモート操作

遠隔地の装置と画面を共有することで、現場の状況を詳細に把握し、リモート操作で業務を支援
【用途】障害時の診断・復旧、問い合わせ時の操作教育

Connected Content コンテンツ配信

ソフトウェアのパッチ構成を管理し、装置への複数命令をパッケージ化して、自動で各種ファイルを一括配信
【用途】バージョンアップ処理、障害対応パッチ適応

 

  • * PTC Axedaは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。
  • * SAPおよびSAPロゴは、ドイツおよびそのほかの国におけるSAP AGの商標または登録商標です。
  • * Salesforceは、Salesforce.com, inc.の米国およびそのほかの国における登録商標です。
  • * OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびそのほかの国における登録商標です。
  • * TIBCO Spotfireは、米国TIBCO Software Inc.の米国およびその他諸国における登録商標または商標です。
  • * そのほか記載の会社名、製品名、ロゴは、それぞれの会社の商号、商標または登録商標です。

特長

機器・装置を監視する“Axeda Connected Service”

機器・装置データの取得と障害対応

  • 装置・設備側から定期的にデータを送信
  • 障害発生時に自動でアラートメール発報

装置ダッシュボードの参照・検索

  • 対象の装置・設備データを単一画面で確認
  • ビジュアル表現を利用した情報の可視化

取得情報の活用イメージ

装置の遠隔モニターを実現する“Axeda Connected Access”

遠隔操作による診断・問題解決、操作支援

  • “Firewall-Friendly”による安全性の高いリモートログイン

リモートアクセスによる装置診断・問題解決、スクリーンシェアリングによる操作支援

ソフトウエア配信を支援する“Axeda Connected Content”

装置ソフトウェアの自動配信

  • バージョンアップや障害対応に必要なファイルなどの配信
  • 装置側で特定の処理を実行するためのコマンドの配信
  • 特定の処理に対する実行結果の取得

ソフトウェアの配信イメージ

Axeda特許の“Firewall-Friendly”

外部からの攻撃抑止

  • 全ての通信が装置側から始まる仕組み
  • 装置側にグローバルIPアドレスが不要
     ⇒装置が外部から見えない

インターネット回線利用可能

  • VPNなどの専用回線が不要
     ⇒回線コストの低減が可能

安全なネットワーク通信

  • SSLによりデータを暗号化送信
  • 通信を傍受されても解読不可能
     ⇒盗聴やなりすましをブロック

既存ネットワーク環境の変更不要

  • 通信プロトコルはインターネット標準のHTTP/HTTPSのみ
  • Firewallに特別な設定変更は不要
     ⇒Firewallの脆弱性が生じない

Axeda特許の“Firewall-Friendly”

インターネット接続で、高い安全性と高機密性を実現

迅速な接続を支援する“Axeda Ready Program”

事前の接続検証作業の負担を軽減

  • Axedaによる、デバイス/プラットフォームの事前接続確認
  • 接続確認の取れたデバイスの認定制度
     ⇒お客さま側での接続確認の負担軽減およびスムーズな導入を支援

迅速な接続を支援する“Axeda Ready Program”

  • * 算出の根拠は各社より提供

多様な形態に対応可能な“Axeda Agent”

(1)外部コンピュータ型

(1)外部コンピュータ型

Axeda Connector
1台のAgent端末で1台の装置を管理する場合(装置に直接Agentを搭載可能)
  • ・x86搭載のWindows / LinuxおよびARM搭載のLinuxに対応
  • ・GUIベースの構築ツールで動作設定を実施

(2)複数装置用ゲートウェイ

(2)複数装置用ゲートウェイ

Axeda Gateway
1台のAgent端末で複数台の装置を管理する場合
  • ・x86搭載のWindows / LinuxおよびARM搭載のLinuxに対応
  • ・GUIベースの構築ツールで動作設定を実施

(3)組み込み型

(3)組込型

Axeda Agent Embedded
Agent組み込み対象の装置が小型の場合
  • ・ANSI Cに対応したツールキット
  • ・ANSI C/TCPIPスタックを搭載した8,16,32bitCPUに対応

(4)無線型

(4)無線型

Axeda Wireless Protocol
Agent組み込み対象装置が無線(携帯電話回線など)を使用する場合
  • ・ANSI Cに対応したツールキット
  • ・Javaベースのツールキット、Java SEなどで稼働

柔軟な接続ポリシー設定を支援する“Axeda Policy Server”

  • エージェントは、ポリシーサーバーによる認証を常にチェックし、お客さま自身がプライバシーポリシーを設定可能
  • 設定により、通信の許可、確認(通知)、拒否を実行またアクセス時間帯のスケジュールなども設定可能
  • 全てのアクティビティの監査ログをローカルに記録

豊富な“アプリケーションAPI”

豊富な“アプリケーションAPI”

  • * PTC Axedaは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。
  • * SAPおよびSAPロゴは、ドイツおよびそのほかの国におけるSAP AGの商標または登録商標です。
  • * Salesforceは、Salesforce.com, inc.の米国およびそのほかの国における登録商標です。
  • * OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびそのほかの国における登録商標です。
  • * そのほか記載の会社名、製品名、ロゴは、それぞれの会社の商号、商標または登録商標です。

事例(1)

装置・設備の接続により、リモートサービス・インテリジェント化へ

装置・設備の接続により、リモートサービス・インテリジェント化へ

リモートサービス:リモートアクセスで障害対応・保守(レベル3)

  • 対応迅速化、コスト低減、サービスレベル向上

リモートサービス:リモートアクセスで障害対応・保守(レベル3)

リモートサービスに、多くの導入事例と効果 (レベル3)

  • リモートで問題解決、障害対応の迅速化、遠隔地へのオンサイト保守の削減
  • 予防保全、計画外ダウンタイム低減

■Varian Medical Systems

  • MTTR(平均復旧時間)を50%短縮
  • 毎月700回の電話相談をリモートで解決
  • リモートでの問題解決1件ごとに修理/点検コストを2,000ドル削減

■Eastman Kodak

  • ソフトウェア関連の問題解決時間を電話サポートに比べて、90%短縮

■Philips Healthcare

  • フィールドサービス訪問を20%削減、修理/点検の総コストを15%削減

■Applied Biosystems

  • フィールドサービス訪問を33%削減(予定外の訪問はほぼゼロ)

■Leica Microsystems

  • オンサイト訪問を年間400回削減、年間50万ドル以上の経費削減
  • 予定外のダウンタイムを40%削減
  • 修理/点検の生産性を5%向上

収集データをインテリジェントに分析・管理(レベル4)

  • 装置状態や稼働状況の可視化、予防保全が可能に

収集データをインテリジェントに分析・管理(レベル4)

ビジネスプロセスの最適化と拡張(レベル5)

  • 品質保証管理、利用量分析・課金、消耗品管理

ビジネスプロセスの最適化と拡張(レベル5)

  • * 記載の会社名、製品名、ロゴは、それぞれの会社の商号、商標または登録商標です。
  • * 数値算出の根拠は各社より提供

事例(2)

各業界の有名企業にご採用いただいています

医療装置

【Abbott Laboratories】<AbbottLink>
・総合血液検査機器(免疫検査・科学検査・血液検査)のプロバイダー
・各機器がサービス担当者に問題を事前通知
・問題発生時に診断ファイルを自動入手
・システムパラメーターの監視により、消耗品補充のタイミングを適正化
【Agilent Technologies】<Agilent Remote Advisor>
・ライフサイエンスおよび化学的解析に関連する測定機器
・将来的に「Push for Help」による要請の40%をリモートで解決可能
・企業の強みをSLAに反映
・部品不要のオンサイト修理を20%削減
【Applied Biosystems】<Smart Monitoring Service>
・ヒトゲノム計画など、世界トップの研究者向けDNA解析装置のプロバイダー
・計器使用率の30%増を実現
・フィールドサービス訪問を33%削減、予定外の訪問はゼロ近くまで削減

【CareFusion】<Support Connect>
・呼吸療法、神経学的治療、血管医学、救命救急用製品のプロバイダー
・専門技師に「OnStar」相当のカスタマーアクセスを提供
・サービス契約の更新率を10%向上
・フィールドサービス訪問を15%削減
【Philips Healthcare】<Respi-Link>
・呼吸用ソリューション、睡眠診断装置、救命救急用製品のプロバイダー
・新しいソフトウェアアップグレードにかかるコストを年間120万ドル削減
・サービス契約の更新が12%増加
・患者に混乱を与えることなくソフトウェアアップグレードや製品オプションをダウンロード
【Elekta】<IntelliMax>
・癌(がん)や脳疾患治療のための放射線治療/神経外科ソリューションおよびサービスを提供
・専門家による迅速なアドバイスとオーバーザショルダー型のサポート
・予測的な分析とリアルタイムでの通知
・システム当たりの治療数の増加

産業装置

【Fujifilm(米国)】<Fujifilm Intelligent Device Services (FIDS)>
・小型現像施設、プリンター、キオスクなどのパフォーマンスと利用量情報に関する予防的監視
・アステアサービス管理ソフトウェアとの統合によるケース(問題報告)の自動追跡
・ソフトウェアアップデートのリモート配信
【ecoATM】<Automated eCycling Stations>
・システムを常に最新の状態にしておくためのソフトウェアの自動管理システム 
・アップタイムの最大化により、消費者が中古電子機器をいつでもリサイクル可能
・修理/点検コストを減らし、導入にリソースを集中
【IER】<発券&搭乗管理
キオスク>
・フランスの公共衛生安全局がアンケートを配布するためのキオスクをリモートで監視し、修理・点検 
・6ヵ月以内で、空港を含め、多様な場所に配置する約600台のキオスクを開発、設置、稼働

【Eastman Kodak】<高速商用インクジェットプリンタ>
・従来の電話サポートに比べ、ほとんどのソフトウェア関連問題を解決する時間を90%短縮
・機器の性能に応じて予防的なメンテナンスを実行
・ユーザーによる適切かつ安全な機器操作
【Sealed Air】<PakFormanceR Insight>
・生鮮食料品の保護とパッケージングのための材料とシステムの製造
・消耗品の売上を増加
・高性能システムの維持により、食肉の腐敗を防止
【Xeikon】<高品質デジタルカラープリント装置>
・消耗品の補充を自動化
・予防的な修理/点検とSAPの統合
・リモートサービスと診断の機能
・印刷部数のリモート監視
・生産性および信頼性の向上

【Diebold】<OpteView>
・ATMを含む総合的なセルフサービス機能とセキュリティシステム
・問題解決の平均時間を3時間から1時間以内に短縮
・フィールドサービス訪問なしに、すべての問題の17%をリモートで解決
・Opteva ATMのダウンタイムを15%削減
【NCR】<NCR Predictive Services>
・次世代のビデオバンキングテクノロジー
・重要部品の監視と、問題発生の防止
・問題が発生してからNCR技術者がサイトへ到着するのを待つのではなく、発生した問題を直ちに解決するための体制を提供
【Tidel】<キャッシュセキュリティおよび強盗防止>
・ソフトウェア管理/ソフトウェアアップグレード配信/新しい通貨のリリースを自動化
・顧客サイトに対し、システム経由でリモートにレポートを配信
・すべてのアクティビティを監査

IT機器

【EMC2】<EMC Secure Remote Support Gateway>
・モデムベースの通信をセキュアIPベースのインフラに交換
・既存のリモートサービスツールをシームレスに利用
・SOX法準拠のためリモートシステムによるアクティビティを監査
【NetApp】<NetApp eSupport>
・問題解決にかかる時間を短縮
・製品ラインの進化に合わせて柔軟なサポートオプションを開発
・リモートサポートアプリケーションのセキュリティを向上
・リモート診断データおよびイベントシステム情報を利用し、MTTR(平均修復時間)を向上
【3Par】<3Par Secure Service Custodian>
・堅牢なネットワークセキュリティおよび認証モデル
・非常に柔軟な顧客側ネットワークポリシー管理
・継続的な拡張に対応する安定したテクノロジープラットフォーム
・低コストでカスタマーサービスを向上

その他業界

【Modus】<実走行距離
連動型保険>
・総合的なソリューションアプローチを提供する無線ソリューションインテグレーター
・車両に設置した移動体測定デバイスによる実際の運転データを利用し、運転挙動の解析と安全運転の実技指導を提供
【Vaisala】<気象計測器>
・地方に設置されていることの多い気象観測製品の監視、診断、修理
・製品が現場でどのように機能しているかを詳しく把握
・修理/点検コストを削減、製品のアップタイムを増加
【SAIC】<テクノロジー
インテグレーター>
・サイエンスエンジニアリングシステムインテグレーションとテクニカルサービスソリューションを提供
・ワイヤレス接続を使用し、非侵襲的画像システムなどのモバイル製品を監視
・自動車、補助電源、油圧制御装置から健康情報を監視
・ジオフェンスによって移動を追跡

  • * 数値算出の根拠は各社より提供

 

装置・設備からのIoT/M2Mデータをビジネスプロセスに活用

- 製品改良、サービスレベル向上、ビジネスモデル変革 -

- 製品改良、サービスレベル向上、ビジネスモデル変革 -

装置・設備からのIoT/M2Mデータをビジネスプロセスに活用

 

  • * PTC Axedaは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。
  • * そのほか記載の会社名、製品名、ロゴは、それぞれの会社の商号、商標または登録商標です。