ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

Lumione BL-1000

最速1時間*1で、微生物の有無を検出

微生物迅速検査装置「Lumione*2 BL-1000」は、ATP生物発光法と日立独自の解析技術により、製薬用水中の微生物を最速1時間で検出します。

*1
1サンプル(100ml)の前処理~測定結果表示までの社内計測結果
*2
Lumioneは、株式会社日立ハイテクノロジーズの登録商標です

特徴

  • 培養法と同レベルの感度で微生物の有無を迅速に測定
  • 無培養の迅速微生物計測法では検出困難な芽胞形成菌を検出可能
  • 製薬用水における製造装置メンテナンス後の無菌性確認期間を大幅に短縮
検査法寒天培養法(従来法)ATP(アデノシン三リン酸)生物発光法
主な特徴 最少コロニーカウント値:1CFU*3
菌種同定可
薬局方収載技術
培養が不要、菌種同定不可
従来のATP計測感度:102amol*4(102CFU相当)以上
日立独自技術により高感度化:1amol(1CFU相当)以下
検査時間 2日~7日 最速1時間
*3
CFU:Colony forming unit(コロニー形成単位)
*4
amol:1amol=10-18mol

ATP検査フロー

装置仕様

項目仕様
分析方式 ATP生物発光法
測定感度 ATP検出下限 ≦ 1amol
ATP測定範囲 0~5000 amol
サンプル架設数 24本/ラック
サンプル処理速度 24本/2h
電源 単相AC100V(50/60Hz)、1.5kVA
質量 装置本体:130kg
寸法 計測部 630(W)×500(D)×600(H)mm
制御部 660(W)×450(D)×580(H)mm

設置環境仕様

項目仕様
周囲温度 15~30℃(室内)
周囲湿度 30~70%(結露しないこと)
周囲環境 直射日光が当たらないこと
振動 身体に感じられる以上の強い振動がないこと
腐食性ガス 周囲にないこと
塵埃 極力ないこと
強磁界、強電界 近傍にないこと