ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

RFIDソリューション

RFIDは、電子マネーをはじめ、世の中では、数多くのシステムが実績化され、身近なものになっています。
日立ハイテクソリューションズでは、RFID技術を活用したITソリューションを導入から保守運用サポートまでワンストップで数多くご提供してきました。
生産現場や在庫の見える化、トレーサビリティーといったさまざまなシーンでのご要望に迅速にお応えできますよう、経験豊富なエンジニアが貴社へのご導入をサポートさせていただきます。
「こんなことはできないか?」をお悩みの方、是非ご一報ください。

RFIDで できること

作業者の負荷をかけることなく、かざすだけでリアルタイムに情報を収集・活用できる仕組みを構築できます。

生産現場では・・・

ヒトや装置の実績を手書きの台帳に記載し、後から集計のために、データをシステムに入力していませんか?
IT化された社会では、社内外からのさまざまな要求に対して、リアルタイムな情報収集と情報分析をしなければ、スピーディーに対応することはできません。
RFIDタグにはデータの書き込みも可能です。RFIDの魅力を最大限に活用し、モノがどこを通って、誰がいつ、どういう加工をし、いつどこに出荷されたか、といった詳細な情報をヒトの手間なく記録し、リアルタイムなトレーサビリティ管理が実現できます。

流通現場では・・・

日々出入りする製品や部品の入手庫管理は人手では大変で大きな負担になっています。製品やパレットにRFIDタグを付けるだけで、スピーディーな在庫の把握やロケーション管理が実現できます。フォークリフトでモノを運びながら、データを収集することも可能です。配送ルートでのモノの追跡や配達の管理など、RFIDの技術で管理する人手を減らし、有効な人材活用へのサポートをします。戦略的なシステム構築にもRFIDソリューションは大変有効です。

ヒト・モノの出入りを管理

ヒトの入退出管理はもちろん、社外秘の図書、媒体やロケーション、返却管理などさまざまなご要求に合った、RFIDソリューションをご紹介します。いつ、どこで、誰が、を「見える化」するツールとして、ぜひご活用ください。

センサーのように活用

タグをさまざまな場所に取り付けて、情報収集ができます。地中に埋めた土管、スポーツ大会でのタイム計測、工事現場での危険箇所への入退出の管理、社員食堂での利用費管理・・・RFIDを使った戦略的な情報管理をご一緒に構築しましょう。

RFIDの応用分野

  • RFIDソリューション生産現場 ●急な取引先からの変更依頼にいかに早く対応できるか? ●経営層の方が生産現場の「今」をいち早く把握し、攻めの経営を行えるか?
    といったお悩みをRFIDを使って解決します。現場の負担をかけず、人件費を減らし、最大限に効果を発揮するには?
  • RFIDソリューション在庫管理 ●棚卸しをするのが大変。どうしたら早く正確に棚卸しができるか? ●いつ?誰が?何を何個?の管理を紙で行っている。正確に把握できないか?
    といったお悩みをRFIDを使って解決します。どの場所に何が何個あるのかを正確に管理するためには?
  • RFIDソリューション入退出管理 ●セキュリティのため入室者を限定したい。 ●いつ?誰が?どの部屋に?の管理がしたい。
    といったこともRFIDを使って解決します。入退出を簡単に管理するためには?
  • RFIDソリューション資産管理 ●バインダーに綴られたり、重ねられた書類をいちいち取り出さずに管理したい。 ●重要書類の紛失防止、誤廃棄防止がしたいがどうしたら良いか?
    といったお悩みをRFIDを使って解決します。商業帳簿(金融帳簿・貸借対照表等)を管理するためには?

バーコード/QRコードと RFIDとの違い

バーコード/QRコード

  1. 作業着手登録(例)
    帳票を置く→ハンディリーダを持つ→位置決め→読み取り→ハンディリーダを置く(5アクション)
  2. 作業完了登録(例)
    帳票を置く→ハンディリーダを持つ→位置決め→読み取り→ハンディリーダを置く(5アクション)

●作業者は意識が必要
●ハンドリング回数大

RFID

  1. 作業着手登録(例)
    リーダライターにカードを置く(1アクション)
  2. 作業完了登録(例)
    リーダライターからカードをとる(1アクション)

●作業者が無意識のうちに読み取り
●ハンドリング回数少

RFIDは簡単!早い!