ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

日立ハイテクソリューションズは 3Dテクノロジーで 「ものづくり」を支援します

設計・開発以外の部門では、いまだに紙図面をベースとした業務運用が主体となっています。この紙図面ベースの業務運用が、「ものづくりの効率化、グローバル化」の障害となっております。
日立ハイテクソリューションズは、ラティス・テクノロジー社(本社東京)が開発した軽量3Dフォーマット「XVL」と、経験に基づく業務ノウハウを取り入れた独自ソリューションにより、「ものづくりの効率化、グローバル化」をご提案します。
純国産の3D活用フォーマットの「XVL」を情報伝達媒体として、ものづくり業務全体に3Dテクノロジーの活用を広げることにより、各業務のさまざまなシーンで「ものづくりの効率化、グローバル化」を支援します。

3Dテクノロジーを支えるXVL

XVLとは

国内外の製造業では、近年、3DCADが普及し、3Dデータの蓄積が始まっています。このデータを設計部門のみならず、製造・生産技術、サービス、調達、営業、マーケティングなどの各部門でいかに活用するかが国際競争力の向上につながります。
XVLは、3DCADデータに比べ、1/100程度のサイズに軽量化できるため、大規模な3Dデータの表現を得意としています。そのため、3Dデータを使った設計データ検証、組立指示書、部品表などに活用され、世界各国の製造業の業務最適化を支援しています。

3Dものづくり支援

イメージ伝達による「ものづくり」の流れ

PDM Connectorは、XVLの構成情報を業務BOMの構成に自動編集するツールです。CSVファイルに記載した業務BOMの構成情報を、XVLの構成情報に自動反映させます。
画面を使って手動で編集方法を指定して編集する方法と、バッチ起動のプログラムで自動編集させる2つの方法で編集できます。
純国産の3D活用フォーマットの「XVL」を情報伝達媒体として、BOM活用のノウハウを各業務のさまざまなシーンで取り入れることで「ものづくりの効率化」を支援します。

BOM(英: Bills of materials)とは、製造業で用いられる部品表の一形態です。

現場力強化ソリューション

製造現場の担当者にとっては3Dモデルを回すことには大変な苦労を伴います。 3Dモデルには操作が非常に難しいイメージがあり、製造現場での活用メリットもわかってもらえないのが実態です。
この課題を解決するために開発されたのが、ラティス・テクノロジー(本社東京)が開発したXVLのデータを表示できる3D簡易ビューワAWM Viewerです。
AWM Viewerは、移動する、回す、など頻繁に使う機能を大きなアイコンで画面上に置き、タッチ形式で簡単に操作できるように使い勝手を工夫した3D簡易ビューワです。
まず、安心して製造現場の担当者に3DモデルをさわってもらえるようにするビューワがAWM Viewerです。