ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

海外拠点との接続だと回線速度が確保できず、HD品質のテレビ会議が導入できないのでは

海外駐在員との定例会議や現地スタッフとの会議に便利

製造業などでは、生産拠点を海外に持つことはもはや必須といっても過言ではないでしょう。海外進出には、言葉の壁によるコミュニケーションミスや現地の状況を把握しづらいなどの問題がつきものです。これらを未然に防ぐには海外拠点との密なコミュニケーションが必要不可欠ですが、出張経費や移動時間の問題で実現することは難しい状況にあります。
テレビ会議を導入すれば、大幅な出張経費の削減が可能になるだけでなく、移動時間もなくなります。距離を気にせず、相手の表情を見ながらの質の高いコミュニケーションが頻繁にとれるため、国内と海外の認識のズレなどを未然に防ぐことができます。また低帯域でもフレームを落とすことによりHD画質で会議ができますので、製品を映し出すなど高画質が求められる打ち合わせに適しています。

回線速度が不安定な海外とも高画質での会議か可能。

導入する製品はこちら

このようなお悩みを解決できます

テレビ会議に関するご質問やご相談はお気軽に お客さまのニーズに合ったプランを提案いたします

お電話でのご相談

インターネットでのご相談