ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

テレビ会議にこのようなイメージをお持ちではないですか?

資料や現場の映像を見ながらの遠隔講義が可能
ホワイトボードや黒板の文字を見ながら遠隔講義が可能

既存のテレビ会議システムではパソコン内の画像を映し出しても画像が粗くて見えなかったり、動画を再生すると映像がカクカクするなど、講義のための資料を見ることが非常に困難でした。しかし、日立ハイテクソリューションズがご提供するテレビ会議システムならパソコン内の資料を高画質で映し出すことが可能で、講師が書いたホワイトボードの字まで読むことが可能です。動画もスムーズに再生できるため、現場の映像を見ながらの医療・看護系の講義にも活用できます。

少人数での講義から大規模な講義まで活用できる。

他社のシステムとも接続でき、論文発表会など他大学との合同講義も可能

他大学と合同で講義を実施する場合、会場の確保や移動手段の手配など、さまざまな調整が必要となりますが、テレビ会議ならこのような調整は必要ありません。日立ハイテクソリューションズが扱うテレビ会議システムなら業界標準のH.323とSIPに準拠していますので、他社製のテレビ会議システムとの接続も可能です。
大学の講義を他大学へ一方的に発信するだけでなく、講師と生徒のコミュニケーションや生徒同士のコミュニケーションも可能なため、論文発表会や研究発表などにも活用できます。

Cisco TelePresence MCUとEZ会議を組み合わせれば、多地点テレビ会議も運用が簡単です。

導入する製品はこちら

このようなお悩みを解決できます

テレビ会議に関するご質問やご相談はお気軽に お客さまのニーズに合ったプランを提案いたします

お電話でのご相談

インターネットでのご相談