ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

テレビ会議なら解決できます

解決01 経費と業務時間の両方を効率化

「経費削減」や「業務効率化」は今や多くの企業が抱える課題です。一方、日常業務をこなしていく中で、削減できる経費は微々たるもの、または業務に追われ効率化する方法を考えている暇すらないというお悩みをおもちの方も多くいらっしゃるでしょう。そんなときに、見直していただきたいのが出張経費です。テレビ会議を導入することによって、会議のための出張をなくし、経費と業務時間の両方を一度に削減することが可能です。
例えば、月に1度、3拠点の代表者が集まって営業会議を行う企業の場合、こんなに経費を削減できます。

月に1度、3拠点の代表者2名が東京本社に集まって会議を行う場合

テレビ会議システム導入前の年間経費
交通費 往復3万円×3名×12ヶ月=216万円
宿泊費 8千円×3名×12ヶ月=57万6千円
出張手当 3千円×3名×12ヶ月=21万6千円
移動時間の人件費 時給3千円×往復4時間×3名×12ヶ月=86万4千円
1年間の合計 381万6千円
テレビ会議システム導入前の年間経費
4拠点の場合の構成例
初期投資費用 AVer EVC300×1台=
標準価格69万9千円
AVer EVC150×3台=
標準価格149万5千円
その他 テレビ・回線などが別途必要となります。
1年間の合計 約219万4千円

テレビ会議を活用すれば

  • 営業会議だけで、1年目から約162万2千円削減。
  • ほかの出張会議もテレビ会議で実施すれば、削減効果は絶大。
  • ※ 上記に掲載している経費はあくまで参考価格です。製品単価は標準価格で計算しております。

解決02 映像や音声だけではなく、PCデータ送信機能により資料共有が可能

パソコンで表示したプレゼン資料や表・グラフなどのデータを複数拠点で共有することができます。同じ画面を見ながらの会議が可能になり、デザインレビューや資料のチェック、企業研修など、多種多様な会議に活用可能。効率的に会議を運営できるだけでなく、ペーパレス化にもつながるため、環境にも優しい会議を実現できます。

テレビ会議に関するご相談・ご質問などはお気軽に

テレビ会議の導入で仕事の効率をアップさせたいなどのご相談やご質問はお気軽にご相談ください。
営業担当者より皆さまのニーズに合ったプランをご提案させていただきます。

解決03 高画質により、対面での会議のような臨場感溢れるコミュニケーションを実現

テレビ会議と言えば「映像が粗い」「音声がすぐに途切れる」というイメージをおもちのお客さまはいらっしゃいませんか?それはもう過去の話。日立ハイテクソリューションズがご提案するテレビ会議システムなら相手の顔はもちろん、細かい洋服の縫い目まで、鮮明に見ることができます。
映像だけでなく、音声ももちろん高品質。マイクに近づかなくてもハッキリ聞こえるから、対面と同じような臨場感のあるコミュニケーションを実現できます。

テレビ会議はこのような会議やシーンでも活用できます

低コストでも高品質なテレビ会議が可能に

製品のチェックや商品開発にも活用

テレビ会議に関するご質問やご相談はお気軽に お客さまのニーズに合ったプランを提案いたします

お電話でのご相談

インターネットでのご相談