ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

「業務の課題解決」を支援するアプリケーションを約90日でご提供

こんなお悩みありませんか

【生産現場の安定稼働歩留向上ニーズ】
<生産現場の保守メンテナンス部門>
・不良品が多くて歩留まりが悪い
・突発的な障害を防ぎたい

【IoTを活用したビジネスチャンスへのニーズ】
<企画・戦略部門>
・IoTをせっかく導入したがデータを扱える人材がいない
・とにかく早くデータを活かして業績に貢献したい

サービス概要

Flutura社のIoTインテリジェンスは、同社に蓄積されたノウハウと100個以上の基本アプリケーション群(Cerebra NanoApps™)を用いることで、従来比1/3以下の最短約90日間での業務アプリケーション開発を実現しています。アプリケーション開発においては、お客さまの解決したい課題と、課題解決に必要となる「装置稼働率」「問題発生件数」などのデータを特定した後、業界知識・経験が豊富なデータサイエンティストがデータ分析・課題解決方法の提案を行います。さらに、アプリケーション作成では、100個以上のCerebra NanoApps™の中から適切なものを組み合わせて開発し、不足している部分のみを開発フレームワーク(Cerebra SignalStudio™)で開発することで、開発期間の短縮化を実現しています。

【Flutura Solution】

【アプリケーション作成】Cerebra NanoApps、Cerebra Signal Studio

【お客さまの課題ステージにあったアプリケーションの提供】可視化、分析、最適化

【お客さまのデータクレンジング】センサー、装置、ライン、ERP、CRM、MES

導入実績

  • 工場の製造工程における歩留まり率および品質の改善
  • 高圧ブレーカー、風力発電装置、シェールガスの採掘装置など、装置の稼働監視・予兆管理
  • ビルなどでのCO2排出削減のためのエネルギーマネジメント
  • 新興国向け医療装置の電力供給におけるディーゼル・太陽光発電のハイブリッド運用