ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

相関カーブ(検量線)により、屈折率を濃度(重量%、Brix)に変換します。
幅広い分野での溶液濃度測定にご利用いただけます。

  • PR-23-AC/AP Brixおよび濃度測定用 サニタリプロセス屈折率計
  • PR-23-GP 液体の濃度測定用 プロセス屈折率計
  • PR-23-RP オイル・ガス精製工業用プロセス屈折率計
  • PR-23-W/M 化学的高反応性液体の濃度測定用プロセス屈折率計
  • PR-33-AC Brixおよび濃度測定用 サニタリプロセス屈折率計
  • PR-21-S 液体の濃度測定用プロセス屈折率計

特長

  • 溶液の色、溶液内の気泡、非溶解粒子の影響を受けません。
  • 可動部、摩耗部がなく定期的メンテナンスが不要です。
  • 化学、製糖、食品、紙・パルプ、製薬など幅広い分野での濃度測定および界面検知にご使用いただけます。

共通仕様

  • 測定可能範囲:屈折率nD = 1.3200~1.5300(温水の0~100重量%に相当)
  • 精度:屈折率nD±0.0002(代表的には±0.1重量%に相当)
  • 許容プロセス温度:-20~130℃(モデルにより最高150℃まで対応可能)
  • Ethernet経由により、お手持ちの情報端末(Webブラウザー搭載のパソコン)で屈折率・濃度・プロセス温度などをモニタリング可能です。
  • 専用ソフトを使用すれば、パソコンにてデータロギングが可能です。
  • 防爆仕様はお問い合わせください。