ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

生産システムのさまざまな問題を解決し、プラント運転全体の効率向上に貢献します。

MESソリューションパッケージCyberPlantは製造プラント全体を効率化することを目的とするプラント管理用のソフトウエアです。 製造現場には生産データや運転員、製造スタッフの大事なノウハウがありますが、CyberPlantにより、このような情報を可視化・電子化して活用できます。 またCyberPlantは基幹情報システムと、DCS等のプラント制御システムの中間に位置し両者を有機的に結びつける役割もあります。
日立がお客様のご要求を元に開発してきた数多くの製造プラント向けシステムの実績と知見を集約したソフトウエア、これがCyberPlantです。

  • バッチ統合生産システムHIBIS 製造管理と運転制御の一体化、自動制御と現場手作業が混在した運転の統合化により、バッチプラント全体の運転・管理を支援します。
  • 運転支援システムHiCompassage ガイダンス表示と手動操作の自動実行を行い、運転員の操作・作業負荷を軽減し運転の効率向上を支援します。
  • プロセスデータ収集・管理システムCyberBridge 日立総合計装システムEXシリーズをはじめとした各社制御システムのプロセスデータやアラームデータ・ロギングデータを収集・蓄積し、実績管理・分析を行うシステムです。
  • プロセス電子プリンター CyberPrinter 帳票出力・ハードコピーなどを蓄積・表示する電子プリンター機能とプロセスデータ・アラームデータを収集・蓄積する機能を持った多機能プロセス電子プリンターです。

関連情報

  • 現地作業支援システム 現地作業支援システム現場や遠隔地でのプロセスデータ・アラーム確認業務をサポートし、プラントの稼働率向上を支援します。
  • 設備稼働管理システム 設備稼働データをベースに保守時期の把握や長期のデータ推移監視による予防保全を図るシステムです。
  • 在庫管理システム 品目別、ロット別、ロケーション別の在庫管理を実施します。
  • トレーサビリティシステム 原料購入から製品出荷までの一連の製造プロセスにおいて、安心・安全な製品作りを支援する仕組みと仕掛けをご提供します。
  • 設備稼働管理システム 設備稼働データをベースに保守時期の把握や長期のデータ推移監視による予防保全を図るシステムです。