ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクノロジーズ

日立ハイテクは、2001年、エレクトロニクス専門商社である日製産業と日立製作所計測器グループ、同半導体製造装置グループが統合し誕生しました。現在、「科学・医用システム」「電子デバイスシステム」「産業システム」「先端産業部材」の4つのセグメントで、グローバルな事業展開を行っております。

科学・医用システム Science & Medical Systems

科学・医用システム

幅広い研究分野で活躍する電子顕微鏡・科学機器。世界で初めて生化学分析装置に免疫分析機能を統合した臨床検査用自動分析装置、世界トップクラスのDNAシーケンサ。日本そして世界のライフサイエンスや医用システム分野で実績を重ねています。定評ある基礎技術とアプリケーションを融合したソリューション力、グローバルトップとの共同研究やコラボレーションで、時代をリードしています。

電子デバイスシステム Electronic Device Systems

電子デバイスシステム

さらなる微細化や省電力などのニーズに応える電子デバイス製造の最前線に、プロセス製造装置・評価装置など、日立ハイテクのコア技術を活用した製品を提供。主力製品は、世界トップシェアの測長SEM、高精度な超微細加工を実現したプラズマエッチング装置など。半導体メーカーとの共同研究開発などにより、世界トップレベルのソリューションをお届けしています。

産業システム Industrial Systems

産業・ITシステム

人と社会を支える社会・産業インフラ分野において、多彩なソリューションを提供。主要事業は、鉄道の安全運行に欠かせない軌道・架線検測装置や、自動車部品組立装置、IoTソリューションなど。今後大きな成長が見込まれる環境・新エネルギー分野にも取り組み、人々の快適な暮らしに貢献します。

先端産業部材 Advanced Industrial Products

先端産業部材

実績豊かな商社のノウハウ・ネットワークを駆使して、最適なサプライチェーン・マネジメントにより、競争力が問われるハイテク分野の“モノづくり”をサポート。取扱アイテムは、工業材料、光関連部材、電子デバイス材料、さらに成長が見込まれる環境・新エネルギービジネスや社会イノベーションにも注力。日立グループの商社としても、グループ製品のグローバル販売等にも貢献しています。