ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

免疫電顕  -ラット赤血球-

固定 0.1% glutaraldehyde, 4% formaldehyde
リン酸バッファー細胞懸濁液をスライドガラスに載せて静置
1次抗体:goat polyclonal anti-mouse glycophorin A antibody clone l-20
2次抗体:10nm gold conjugated anti-goat lgG, で金増感を実施

リン酸バッファー細胞懸濁液をスライドガラスに載せて静置

観察条件

大気圧、加速電圧15kV、室温で観察

左:免疫染色なし 右:免疫染色あり

4ページ中4ページ