ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

日立ハイテクノロジーズ那珂地区、日立ハイテクマニファクチャ&サービス、日立ハイテクソリューションズ水戸事業所は、「環境との調和」を経営の最優先課題とし、環境行動指針に基づき、理科学機器、臨床検査機器、計測機器の開発、製造、販売、サービスを通して、最先端技術の絶え間ない追求と法令の順守、環境汚染の予防を行い、事業活動を通じて自然共生と循環型社会の実現に向け、積極的に取り組みます。

1.環境テーマ

「サイエンスとテクノロジーを通してエコ・デザインを推進し、
地球環境の保護と世界の人々の幸福に貢献する事業所をめざす」
(心と知恵と行動で、環境を大切にしよう)

2.環境活動項目

環境マネジメントシステムを運用・維持し、継続的な改善を行います。

  1. 環境教育を充実させ、人材育成と環境意識の高揚を図ります。
  2. 事業所運動を通してステークホルダーとの共生を図り、地域社会の環境活動に貢献します。
  3. 環境方針と環境活動の内容は、当Grサイトで働く全ての人に周知します。
  4. 環境方針と適用範囲は、ホームページへの掲載や小冊子での配付等により、ステークホルダーへ情報開示し、積極的にコミュニケーションを図ります。

本来業務に根差した環境テーマを積極的に取入れ、活動の活性化を図ります。

  1. 研究・開発段階からエコデザインを適用し、環境負荷の低減や新たな環境技術の導入を進め、環境に優しい製品(環境に配慮した製品)開発を推進します。
  2. グリーン・コンシューマーとして、グリーンサプライヤーの開拓と拡大に努めます。
  3. 地球温暖化防止のため、エネルギー使用量の削減に取り組みます。

環境法令を順守すると共に、生物多様性保全のために自然破壊を防止し資源保護に努めます。

  1. 生物多様性保全・循環型社会の形成に向け、環境負荷低減(廃棄物削減・梱包材削減・輸送負荷低減)と、4R(発生抑制、再使用、再生利用、修理)を推進します。
  2. 法令による規制物質や日立グループによる指定物質の削減を推進します。
  3. 事業所の緑化確保に努めると共に、建屋建設時は最先端設備や高効率機器の導入を積極的に行い、低炭素化社会の実現に取り組みます。

2004年5月19日 制定
2016年4月1日 改正
(株)日立ハイテクノロジーズ 那珂地区 地区長

本田穣慈