ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

プロフィール

代表取締役社長 秋山をね
株式会社インテグレックス
代表取締役社長 秋山をね

慶應義塾大学経済学部卒業。米系証券会社にて外国債券トレーダーをつとめた後、独立系証券会社などを経て、2001年に社会責任投資と企業の社会責任の推進を行う(株)インテグレックスを設立。

日立ハイテクノロジーズでは、統合報告書(冊子)とウェブサイトの2本立てでCSR報告を行っており、ウェブサイトでは、「マネジメント」「社会とのかかわり」「環境活動」を軸に、同社のCSR活動の情報を網羅的に掲載しています。本意見は、ウェブサイトのCSR報告を対象としています。

評価したい点

「CSRへの取り組み」のトップページにある「CSR活動ダイジェスト」では、主要な取り組み項目について、背景となる社会的な課題とそれに対する同社の想い、課題解決に向けた中心的な活動を紹介し、詳細な活動ページにアクセスできるようにしています。これにより、同社が重視する課題や取り組みが何か、よりわかりやすく伝わるようになっています。
「日立ハイテクノロジーズのCSRの考え方」では、同社にとってのCSRの定義付けを深堀して、CSRをどのように考え、なぜ取り組み、活動をどう進め、何をめざしているかを記載しており、社会へのコミットメントが感じられます。
「マネジメント」「社会とのかかわり」「環境活動」では、さまざまな活動を地道に続けながら、改善や新しい取り組みを行なっていることが読み取れます。「マネジメント」では、取締役会の実効性評価に関する分析結果と実効性向上に向けた取り組みが詳細に記載されるようになりました。「社会とのかかわり」では、職場の環境整備についての取り組みを強化しており、経営トップによる「働き方改革宣言」の発表、社長・経営陣と社員との「いいね!ランチ会、お助け!ランチ会」の開催、イクボス企業同盟への加盟等、経営陣・幹部が率先して環境整備に努めていることがうかがえます。
「環境活動」では、温室効果ガス削減に関して、海外グループも含めてスコープ3までの情報を公開しています。また、昨年のJHEP認証の取得に続き、各サイトで3ヵ年計画を策定して活動を推進する等、生物多様性保全に力を入れています。エコデザイン(環境配慮設計)については、運用が開始されており、今後が期待されます。

期待したい点

「マネジメント」「社会とのかかわり」「環境活動」各分野のさまざまな活動について、それらの活動がどのように成果に結びついているかを検証していくことが重要です。例えば、重要施策として取り組んでいるダイバーシティマネジメントについても、現在の活動が、社員の働きやすさと生産性の向上に如何につながっているかを検証し、成果につなげることが求められます。さまざまな活動について、まずはどのような成果を求めるのかという目的を明確にすると共に、目的達成のための具体的な目標や重要な指標を設定して、現在の活動の整理・見直しを行ないながら、取り組みを実施することが求められます。その過程を報告することで、PDCAが回り、継続的な活動にもつながります。
また、昨年もふれたグローバルでの活動については、調達先評価、人財育成、環境活動、地域活動等の取り組みを進めていることが読み取れますが、横一線での一律な活動の展開と同時に、各国・地域の状況や課題に応じたきめ細かい活動も必要とされます。海外売上が6割を超える中、リスクマネジメントの観点からも、拠点ごとの重要課題を洗い出し、組織として対応するといった具体的な取り組みの実施と報告が期待されます。