ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

日立ハイテクノロジーズがCSR活動に取り組む理由

現代社会は、人口増加と経済発展が進む一方で、気候変動や貧困・格差など複雑で解決が容易でない地球規模の課題を抱えています。
こうした国境を越えた社会課題に対する各国政府による解決が難しくなっている中で、グローバルマーケットで存在感を増した企業への期待が高まってきており、社会課題の解決は、企業抜きには考えられない状況になってきています。企業もこうした期待に応えていくことが自らの存続に繋がっていきます。
また、社会から存在していてほしいと思われる企業にならなければ、その企業の存続は難しくなっていくと考えます。

当社は、利益を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、あらゆるステークホルダー(利害関係者:消費者、投資家等、及び社会全体)の要求に適切に対応し、世の中から必要とされる企業として事業活動をしていきます。

当社は、「技術力」「グローバル営業力/調達力」「お客様・パートナーとのコラボレーション」という当社ならではの強みを持っています。

当社は、社会の課題に対して高信頼な製品や技術、知見を使った科学・医用、電子デバイス、産業、先端産業部材といった分野、日立ハイテクグループ、日立グループ内の連携によるOT(制御技術)とIT(情報技術)の融合を拡大し、IoT時代に応えられる豊富なコンサルティング力、ソリューション提案力を生かし、社内外のパートナーとも協力しながら、イノベーションを創出し、お客様企業や社会の課題解決に貢献していきます。

そして、当社が提供するハイテク・ソリューションを活用することで、人々が安全にかつ安心して快適に暮らせる社会の実現をめざしています。

日立ハイテクグループのCSRは、基本理念を全役員・全従業員が共有し企業活動の中で実践していくことです。ISO26000(社会的責任の国際規格)もふまえて計画を策定、グループワイドでCSR活動を推進し、「守り」と「攻め」のCSRで、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を実現し、企業としての社会的責任を果たしていきます。

理念と方針

基本理念

日立ハイテクノロジーズは、あらゆるステークホルダーから「信頼」される企業を目指し、ハイテク . ソリューションによる「価値創造」を基本とした事業活動を通じ、社会の進歩発展に貢献します。あわせて、当社は「公正かつ透明」で信頼される経営を行い、成長し続けていくとともに、「環境との調和」を大切にし、情熱と誇りを持ち、社会的責任を全うする企業市民として豊かな社会の実現に尽力します。

企業ビジョン

ハイテク・ソリューション事業におけるグローバルトップをめざします。

日立ハイテクグループ行動規範

「日立ハイテクグループ行動規範」は企業倫理と法令遵守の観点から、役員および従業員が守るべき具体的項目を明記しています。

日立ハイテクグループ行動規範(抜粋)

第1章 誠実で公正な事業活動
  • 1.1 高品質で安全性の高い製品・サービスの提供
  • 1.2 営業活動
  • 1.3 調達活動
  • 1.4 日立ブランドの尊重
  • 1.5 技術者倫理の遵守
第2章 環境の保全
  • 2.1 環境経営の推進
  • 2.2 環境に配慮した事業活動・環境管理の推進
  • 2.3 ステークホルダーとの対話
第3章 社会との関係
  • 3.1 企業情報の開示
  • 3.2 地域社会への貢献
  • 3.3 政治・行政との関係
  • 3.4 反社会的取引*の防止
  • 3.5 贈物・接待などについて
  • 3.6 各国・各地域の文化・慣習の尊重と法令遵守
第4章 人権の尊重
  • 4.1 人権の尊重に向けて
  • 4.2 差別の撤廃
  • 4.3 情報管理にともなう人権の尊重
  • 4.4 労働における基本的権利の尊重
第5章 経営基盤
  • 5.1 情報の管理と利用
  • 5.2 内部情報の利用とその留意点
  • 5.3 会社資産の管理と保全
  • 5.4 従業員の力を引き出す環境の整備
  • 5.5 輸出入関連法令の遵守
第6章 行動規範の遵守の仕組み
  • 6.1 ルールの徹底
  • 6.2 自己チェック
  • 6.3 内部通報制度
第7章 経営トップの責任
  • 附則
    * 暴力団などの反社会的勢力との取引

社会的責任を果たすためのテーマ

基本理念を実践し、社会的責任を果たすために、ISO26000をベースとした7つの分野をテーマにあげて活動しています。

日立ハイテクノロジーズのCSRがめざすもの

コンプライアンスやコーポレートガバナンス等の「基本と正道に基づいた活動」は、守りのCSRであり、企業活動の基盤となります。この部分は重要ですが、企業として当然行うべきことであるため、社会からのプラス評価は期待できません。行わないと社会から非難され、マイナス評価になります。当社は、下図の右上の方向、攻めのCSRに注力します。社会からの要請・期待に応えて、日立ハイテクノロジーズだからこそ提供できる価値を社会へ提供していきます。
そうすることが、社会と日立ハイテクノロジーズ双方の持続的な成長へつながります。また、日立ハイテクノロジーズに対する社会からの評価も高まります。

  • * CSV:Creating Shared Value=共通価値の創造
    企業が、社会ニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的な価値も創造されることを意味します。

日立ハイテクグループのステークホルダー

当社グループでは「お客様」「調達先・仕入先」「株主・投資家」「従業員」「地域・社会」を主なステークホルダーとして捉え、双方向の対話を通じて、要請や期待を把握し、本業を通じて新たな価値を提供し、CSR活動を実践していきます。

CSR推進体制

CSR活動を推進するために、社長、執行役およびCSRとコーポレート部門管掌の執行役で構成されるCSR推進委員と、コーポレート部門で構成するCSR推進ワーキンググループでCSR推進委員会を組織しています。ワーキンググループで立案したCSR活動計画を委員会で審議・決定し、PDCAサイクルを取り入れた活動を推進しています。また、日立ハイテクグループCSR連絡会で日立グループ及び日立ハイテクグループの方針・活動状況をグループ全体で共有し、グループワイドにCSR活動を推進していきます。

社外からの評価(SRI関連他)

社会面、環境面での取り組みを投資基準とするSRI*の銘柄選定などに必要な外部調査にも積極的に対応し、評価を得ています。

社外からの評価(SRI関連他)
区分 評価機関 評価結果
SRI関係 EIRIS社 FTSE4Good指数シリーズの構成銘柄
ランキング 東洋経済新報社 「第11回 CSR企業ランキング」 119位
(週刊東洋経済 2017年4月13日号にて発表)
  • * Socially Responsible Investment
    投資ファンドが企業をCSRの観点から評価し、銘柄選定などを行う投資活動