ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

日立ハイテクグループでは、製品の企画、設計から製造、出荷、サービスに至るまで、全グループで品質 ・ 安全性の向上とカスタマーサポートの強化に取り組んでいます。

安全性確保と品質保証体制

品質保証に関する方針

「日立ハイテクグループ行動規範」のもと、製品とサービスの品質向上活動を展開しています。より高品質で安全な製品をお客様にご提供するため、国内外の法令や安全規格のほか、社内に蓄積した安全ノウハウを反映した製品品質基準、製品安全設計基準を定め、グループ全体で実施しています。さらに、お客様のご意見やご要望を積極的に取り入れて、製品の品質と安全性の向上に反映させています。

高品質で安全性の高い製品・サービスの提供

  1. お客さまのニーズ、仕様を満足し、品質・安全・環境に関わる法令などの基準を守るだけでなく、必要に応じて自主基準を設定して、製品やサービスの品質を保証します。
  2. 欠陥やお客さまからのクレームに対し誠意をもって迅速に対応するとともに、その原因を究明し、徹底した再発防止に努めます。
  3. 適切な品質マネジメントシステムを構築し運用します。

(「日立ハイテクグループ行動規範」より抜粋)

品質向上活動

日立ハイテクグループの各品質保証部門は、製品の品質管理を定めた自主基準に基づき製品の稼動状況や問題の有無などを相互に共有しています。これにより製品やサービスの問題を顕在化して、関連する全製品の品質向上に向けた継続的な改善に努めています。

また、サービス部門において顧客満足度アンケート調査を毎年行い、この分析結果に基づいた改善により、グループ全製品やサービスのさらなる品質向上を実施しています。

品質の作り込み

より良い製品をお客様に提供するために、設計・開発、製造、品質保証、およびサービスの各部門では、製品に応じた製品管理技法を用いて製品の品質保証および安全性確保のための活動を行っています。また、営業部門、サービス部門の連携のもと、お客様のご意見を製造拠点にフィードバックし、全社一体となって品質の作り込みを確実なものにしています。

品質作り込み体系

品質問題対応


トップマネジメント報告会

製品またはサービスに問題が発生した場合は、定められたルールに従い関係部署に遅滞なく情報を伝達し、迅速な問題解決を図っています。重大な問題が発生した場合は速やかにトップマネジメントへ報告を行い、お客様をはじめ関係する方々への影響を最小限に留めるための迅速な対応に努めています。

品質・信頼性教育


製品安全講習会の様子

設計や品質保証など製品の技術部門のエンジニアを対象に、「信頼性」「製品安全」などの技術・技能の教育講座を開設し、個々のスキルアップ、「モノづくり力」の継続的強化を図っています。

カスタマーサポート

カスタマーサポート体制

世界各地のお客様に納入された製品が常にその性能を最大限に発揮できるよう、保守サービス・メンテナンスを担当する日立ハイテクフィールディング、日立ハイテクファインシステムズ、エポリードサービスでは、「迅速で高品質なサービス」を提供する体制づくりを進めています。

特に日立ハイテクフィールディングでは、全国40ヵ所のサービス拠点および日立ハイテクノロジーズの海外拠点を最新のITネットワークで結び、24時間・365日の「世界均一グローバルサービス体制」を確立しています。


電話受付窓口一元化によるCS向上を図る「お客様サポートセンタ」
(日立ハイテクフィールディング)

また、国内のお客様から電話で寄せられるお問い合わせ・ご依頼に対しては、「お客様サポートセンタ」がお客様相談窓口となり、独自ITシステムの活用と技術レベルの高い専任技術者による対応で、迅速で適切なサポートを行っています。そして、お客様からのお問い合わせ情報(「お客様の声」)は、関連部門がリアルタイムに共有するとともに、全社で総合的な分析を行い、その結果を次なるサービスの改善に生かすなど、お客様が製品を快適にお使いいただけるような仕組みづくりに努めています。

日立ハイテクグループでは、今後ともお客様へのサービス・品質向上を推進していきます。

日立ハイテクフィールディングのサポート体制

お客様満足

お客様の満足向上にむけて継続的改善を実施

当社グループでは製造・サービス部門はもとより、営業部門やコーポレート部門においてもISO9001(品質マネジメントシステム:QMS)の運用を通じて、お客様の満足向上に取り組んでいます。各部門では品質目標の達成に取り組むとともに、お客様が求めている価値の認識を高める活動に取り組んでいます。お客様満足度の把握においてはアンケートへのご協力をお願いする他にも、忌憚のないご評価をいただくための専門会社による覆面調査や、お客様との相互理解の促進を図るための面談方式による聞き取りなど、工夫を重ねています。お客様からいただいた貴重なご意見ご要望は社内で共有し、事業活動や製品・サービスの改善に生かしています。