ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

調達先・仕入先の皆様と良きパートナーシップを構築し、相互理解と信頼関係の維持向上に努め、CSRに配慮したパートナーと協働をすすめていきます。

基本方針

当社グループが調達先・仕入先の選定をする際は、日立グループ共通の調達方針のもと、国内・国外を問わず、調達品の品質・納期・価格、技術開発力、環境認証取得などに加え、社会的責任(環境保全、人権保護、社会貢献など)を果たしているかについても十分に評価し、適正な手続きによって行っています。
調達先の皆様のご協力とご理解を得てサプライチェーン全体でのCSR活動を推進していきます。

「日立ハイテクノロジーズ購買取引行動指針」より

購買取引先の選定は、資材の品質・信頼性・納期・価格、および取引先の経営の安定性・技術開発力等に加え、公正で透明性の高い情報開示、法令および社会的規範の遵守、人権の尊重、雇用と職業に関する不当な差別の撤廃、児童労働および強制労働の排除、環境保全活動、社会貢献活動、働き易い職場作り、ビジネスパートナーとの社会的責任意識の共有等の社会的責任を果たしているかを十分に評価し、所定の適正な手続きに準拠して行なう。

行動指針は本Webサイトの資材調達のページに掲載し、広く情報開示をしています。

サプライチェーンマネジメント

より良い製品やサービスを安定的に供給するためには、調達先との良好なパートナーシップを築くことが重要です。一方で、ビジネスがグローバルに進展するに伴いサプライチェーンにおける調達リスクが増大するなか、事前にリスクを把握し、最小化することも必要です。

日立ハイテクのCSR調達活動

調達先評価の共通基準をグローバル対応

当社グループは調達先の皆様と良きパートナーシップを構築し、相互理解と信頼関係の維持向上に努めています。調達先の選定は、日立グループ共通の調達方針のもと、国内・国外を問わず、調達品の品質・納期・価格、技術開発力、環境認証取得などに加え、社会的責任を果たしているかについても十分に評価し、適正な手続きによって行っています。2012年度は、前年に改訂した「日立ハイテクノロジーズ購買取引行動指針」をもとに調達先評価の共通基準の設定に着手し、2013年度に公開しました。グローバル対応するため、2013年度に同行動指針の英語・中国語による展開についても着手し、2015年度に公開しました。

各製造拠点において取引先説明会を開催

取引先への情報発信と相互コミュニケーションによるCSR意識の共有は不可欠のものであるため、調達先企業を対象に定期的な説明会を開催しています。当社の製造拠点にて、年2回、日立グループ全体の「グリーン調達活動の推進」「サプライチェーンCSR推進活動」の取り組みを説明しています。2013年度より日立製作所が発行している「サプライチェーンCSR推進ガイドブック」を調達先評価の共通基準として検討しており、今後これを基準として制定し調達先との検証と相互理解を深め、CSR調達活動を推進していきます。

CSR調達のあるべき姿

調達先企業に対するCSRモニタリング(自己点検)の実施に向けた取り組みは、こちらをご覧ください。

環境CSR対応調達の推進

当社グループは、購入する製品や部品・材料等は環境に配慮されたものを優先的に購入する「グリーン調達」を実施しています。厳格化するRoHS指令など各種法規制に対しては、製品含有化学物質の管理や日立グループのグリーン調達システムである「A Gree’Net」を利用し、化学物質の規制拡大に対応しています。また、日立グループの「環境CSR対応モノづくり」活動を推進しており、那珂地区では調達先の皆様が環境保全活動に積極的に取り組んでくださるよう、働きかけやサポートを実施。結果、2015年度は全調達先(那珂地区)約1,000社のうち8割以上がグリーンサプライヤー*として認証・登録されています。

  • * 環境マネジメントシステムの認証・登録を受けた供給者。


取引先説明会(那珂地区)

調達先とともに取り組む「生物多様性の保全」については、こちらをご覧ください。。