ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

1. 基本方針

当社は、「ハイテク・ソリューション事業におけるグローバルトップをめざす」という企業ビジョンのもと、株主・投資家、顧客、取引先、従業員、地域社会等、当社を取り巻く多様なステークホルダーから「信頼」される企業をめざし、公正かつ透明性の高い情報開示を行います。

2. 情報開示基準

当社は、法令および東京証券取引所が定める適時開示規則に則り、公正かつ透明性の高い情報の開示を適時、適切に行います。また、法令および東京証券取引所が定める適時開示規則に定められた情報の開示だけでなく、当社の経営方針や事業内容に対するステークホルダーの理解を深めるために有用であると当社が判断した財政状態・経営成績等の財務情報や、経営戦略・経営課題、リスクやガバナンスに係る情報等の非財務情報についても、積極的かつ公正な開示を行います。

3. 情報開示の方法

当社は、東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する情報の開示を、同証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において公開します。TDnetで公開した情報については、開示後、速やかに当社ウェブサイトに掲載します。また、適時開示規則において開示が要求される情報以外の情報についても、ニュースリリースの配信や当社ウェブサイトへの資料掲載等、適宜、適切、正確な方法を用いて情報の開示を行います。

4. 沈黙期間

当社は、当社業績に関する情報が発表準備期間に漏えいすることを防ぎ、開示の公正性を保つため、決算発表前の一定期間を沈黙期間とし、業績およびそれに付随する内容に関する問い合わせへの対応を差し控えます。

5. 将来予想について

当社が開示する情報のうち、今後の計画、見通し、戦略などの将来予想に関する情報は、開示時点で合理的であると判断する一定の前提に基づき作成しており、リスクや不確実性を含んでおります。当社は、これらの情報を開示する場合には、将来予想に影響を与えると想定される要因を開示することとしています。

* 業績に与える要因につきましては、事業等のリスクをご参照ください。