ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

「CSR報告書2008」を発行

現場の社員が多数登場し、具体的な取り組みを紹介

2008年7月3日

株式会社日立ハイテクノロジーズ(執行役社長:大林 秀仁/以下、日立ハイテク)は、このたび「CSR報告書2008」(ダイジェスト版冊子)を発行しました。
併せて、CSR(企業の社会的責任)活動の詳細を掲載したウェブサイト「CSR報告2008」も公開し、当社のCSR活動についてわかりやすく紹介しています。

当社は2002年に初めて「環境報告書」を発行し、2005年からは「CSR報告書」へと内容を刷新して、当社のCSR活動をステークホルダーの皆様にご理解いただけるように努めています。
今回は、世界的な関心が高い環境問題の解決について、当社グループのビジネスがどのように貢献しているかに焦点を当てた特集を掲載しました。また、多くの社員が登場して、ビジネスの現場や地域社会における具体的なCSR活動の事例を紹介しています。

日立ハイテクは、2006年4月にCSR・環境推進部を発展的に改組したCSR推進本部を新設して、企業の社会的責任および環境経営の推進を一層強化しています。
それら活動の報告として発行した「CSR報告書」を、今後も毎年継続的に発行することで情報開示に努め、ステークホルダーの皆様に信頼され、かつ魅力ある企業を目指しています。

「CSR報告書2008」(ダイジェスト版冊子)の主な内容

「日立ハイテクのCSR」
当社のCSR活動について、基本理念と企業ビジョンをもとに説明
「トップコミットメント」
経営トップが語るCSRへの取り組み姿勢
「ハイテク・ソリューションによる社会への貢献」
事業活動を通じた環境保全への貢献、社員のCSRマインド、拠点・グループ会社の取り組み
「活動報告と今後の課題」
企業統治や遵法体制について説明する「マネジメント」、人事制度や教育プログラムに関する「従業員とのかかわり」、品質・安全性の向上、カスタマーサポートを紹介する「お客様とのかかわり」、その他、「会社概要・経済性報告」で構成
*
「CSR報告書」に追加情報を掲載した詳細版ウェブサイトを下記のとおり公開しています。
「CSR報告2008」: http://www.hitachi-hitec.com/about/profile/csr/index2.html/
(一部準備中のサイトは7月中に公開予定)
*
「CSR報告書」ダイジェスト版冊子は、英文版を8月に、中文版を9月にそれぞれ発行予定です。

お問合せ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

お問い合わせ先
CSR推進本部 環境推進部
担当:小笠原  TEL:03-3504-7141
報道機関お問い合わせ先
社長室 広報・IRグループ
担当:塩澤  TEL:03-3504-5637
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。