ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ビデオ会議システム、ソリューション施設を新設

最先端のビジュアルコミュニケーション環境を提供

2008年12月12日

株式会社日立ハイテクノロジーズ(執行役社長:大林 秀仁/以下、日立ハイテク)は、このたび高画質なHD(ハイディフィニション)対応のビデオ会議システムの評価・保守・メンテナンスを行い、同時に実体験ができるデモルームを備えた施設を新設しました。
施設の名称は「ハイテクビジョンテクノセンター」(東京都港区)で、日立ハイテクのグループ会社、株式会社日立ハイテクソリューションズ(本社:神奈川県川崎市、社長:川田 治男)が所有・運営しています。

日立ハイテクは、米国ライフサイズ・コミュニケーションズ社(LifeSize Communications Inc.)と販売代理店契約を結び、同社のHD対応ビデオ会議製品を中心とした最先端のビデオ会議システム「ハイテクビジョン」について積極的に営業展開を図っています。「ハイテクビジョン」は、低帯域での高画質、多地点接続(最大320拠点)が可能で、これまでに企業や官公庁、教育・医療機関などの顧客に2,000台以上を納入し、高い評価を得ています。

今回新設した「ハイテクビジョンテクノセンター」は、製品の評価・検証を行う「評価ルーム」のスペースを従来施設に比べて約3倍に拡張しています。これにより大規模システムの検証が可能となり、新製品、新ソリューションの開発も効率的に行うことができます。
また、リアルなビジュアルコミュニケーション環境を体感できる「デモルーム」には、自然な一体感、臨場感を創出するために開発したテレプレゼンスシステム「RIPPLE」(*)を導入しています。会議室とオフィス空間の境界をカラーガラスで仕切ることで創造的な空間が構築でき、さらに3台の大型スクリーン(65インチ)にそれぞれカメラを設置しています。相手と等身大で、視線の高さが合う自然な会話を可能にすることで、遠隔地の参加者同士がひとつの空間にいるようなコミュニケーション環境を実現しています。

日立ハイテクは、1999年からテレビ会議システムなどのビジュアルコミュニケーションシステムの販売を開始し、システムの構築、提供を行っており、製品のみならず、コンサル、保守を一本化して請け負うワンストップソリューションを実現しています。今回新設した「ハイテクビジョンテクノセンター」を含め国内10カ所にデモ可能な設備を設置し、海外拠点についても、欧米、アジアなどグローバル接続を視野に入れた販売ネットワーク構築を急ピッチで推進しています。
これまでの豊富な販売実績と開発力を強化することで、業界最先端のHDビデオ会議システム「ハイテクビジョン」の提供を強力に推進し、2010年度には国内市場でのシェア1位獲得を目指しています。

*
テレプレゼンスシステム「RIPPLE」
同室空間に近い、自然な一体感のある遠隔会議環境を創出するシステム。京都工芸繊維大学新世代オフィス研究センタ 仲隆介教授、コクヨオフィスシステム株式会社との共同開発。

「ハイテクビジョンテクノセンター」の概要

「ハイテクビジョンテクノセンター」の概要
住所東京都港区芝大門2丁目9番16号 ダヴィンチ芝大門2階
TEL03-6328-4386(代表)
設備評価ルーム、デモルーム、接客・会議エリア、個人ワークエリアなど

デモルーム
高画質HDビデオコミュニケーションが体感できる「デモルーム」

ビデオ会議システム「ハイテクビジョン」の特長

リアルな画質を低帯域で実現

  • HD(ハイディフィニション)による高精細映像
  • 従来製品と同等のコストで約9倍の解像度を実現
  • 768kbpsの帯域であればHD画質での通信が可能

多地点での高画質のビデオ会議を実現

  • 接続拠点数6拠点~最大320拠点
  • 従来システムとの相互接続も可能

マニュアルいらずのシンプルな操作性

すべての操作をタッチパネルに一元化して行うことができ、会議の運用が簡単に実施可能

専任のエンジニアによる万全のサポート体制

ビデオ会議を最適に行うための提案、サポートまで専任チームが万全に対応

お問合せ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

製品に関するお問い合わせ先
ITソリューション営業本部 ネットソリューション部
担当:岩崎  TEL:03-3504-7447
報道機関お問い合わせ先
社長室 広報・IRグループ
担当:塩澤  TEL:03-3504-5637
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。