ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

手のひらサイズのHDビデオ会議システムを発売

大規模ソリューションからビジネスパーソナルまで幅広いビジネスシーンで活用
持ち運びも簡単、遠隔地の社員やテレワークによる在宅勤務者にも最適

2009年10月19日

株式会社日立ハイテクノロジーズ(執行役社長:大林 秀仁/以下、日立ハイテク)は、テレプレゼンスを誰でもどこでも利用できる、HDビデオ会議システム「LifeSize® Passport」を発売します。
LifeSize Passportは、従来製品のHD画質を継承するとともに、本体重量わずか450g*、幅20cmのコンパクトサイズを実現した鞄に入れ簡単に持ち運びができる世界初の“手のひらサイズのHDビデオ会議システム”です。
大規模システムからビジネスパーソナルまで幅広いビジネスシーンでご利用いただけるとともに、4億8,000万人以上が登録するインターネット電話サービス「Skype」の音声通話の利用を可能にしたHDビデオ会議システムです。

本製品は、日立ハイテクが総販売代理店契約を締結しているHD(ハイディフィニション)ビデオ・コミュニケーションのグローバルカンパニー、LifeSize Communications, Inc.(本社:米国テキサス州オースティン 以下、LifeSize)の製品です。

LifeSize Passportは、臨場感に溢れる高品質のビデオ・コミュニケーションを本格的なビジネスツールにするためのHDビデオ会議システムです。これまでのHDビデオ会議システムは、主要拠点の会議室や役員室など限られた場所での利用が多く、それ以外の場所では画質の粗いSDビデオ会議システムやWeb会議システムが多く使用されていました。
LifeSize Passportは、テレプレゼンス品質のHD画質とクリアな音声によるコミュニケーション環境を低価格で実現し、全拠点のHD化を控えていた大企業やビジネスパーソナルユースの1対1の接続まで様々なビジネスシーンでご利用いただけます。
コンパクトサイズのLifeSize Passportは、持ち運びが簡単で設置場所も選びません。遠隔地の社員とのコミュニケーションやパンデミック対策による自宅でのご利用にも最適なシステムです。

LifeSize Passportのユーザーは、他のLifeSize製品や標準規格に準拠した他社製ビデオ会議システムとの接続だけでなく、LifeSize Passportの画面からSkypeを選択するだけで世界中のSkypeユーザーと容易にコミュニケーションができます。

製品仕様および主要機能

テレプレゼンスをどこでも、誰にでも提供

  • 720p 30fpsのHDビデオ品質とCD並の音声品質
  • わずか1Mbpsの低帯域でHDビデオ会議を実現
  • 最大2Mbpsの帯域幅で利用可能
  • 着呼を内蔵着信音で通知(多用途ディスプレイに接続された場合)
  • 軽量かつコンパクトで、持ち運びが簡単
    幅20cm、奥行き12cm、高さ3cm 重さ450グラム*ケーブルと電源アダプター込みで約1.2キロ

Skypeを統合したHDビデオ・コミュニケーション・システム

  • Skype同士の通話
  • Skypeのログイン状態による同僚や取引先とのプレゼンス情報の確認
  • Skypeの使い易いコンタクトリストとボタン式発信機能で気軽にシームレスな2拠点通話を利用可能

LifeSize 従来製品の技術を凝縮

  • LifeSize独自の圧縮技術により、あらゆる帯域で高画質画像を実現
  • LifeSize製品だけに備わるAdaptive Motion Control™(AMC)の利用が可能。AMCは、変動する帯域状態にダイナミックに対応。高品質なモーションコントロールと鮮明度を実現。

提供開始時期と価格

LifeSize Passport は、2種類のモデルで2009年第4四半期中に提供を開始します。

LifeSize Passport with Focus
LifeSize Passport with Focus

LifeSize Passport with PTZ
LifeSize Passport with PTZ

Skype for Businessのバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー Stefan Obergは「Skypeの音声通話システムとLifeSize Passportが一体化したことで、4億8,000万の登録ユーザーを擁するSkypeのグローバル・コミュニティーとの無料通話や、携帯電話や一般電話との通話が可能なシステムをPassportユーザーに提供し、中小企業の通信費や会議費も大幅に削減が可能となります。当社は引き続き、HDビデオ会議システムのリーディング・プロバイダーであるLifeSizeとの協業の下、Skype機能とPassportの統合をさらに進めてきたいと思います」と述べています。

Gartner Inc.の調査担当バイスプレジデント、Scott Morrisonは「出張経費の削減と組織内のコミュニケーションを改善する手段として、HDビデオ会議を利用しようという動きが高まっています。出張経費を前年比で最低20%、最大50%まで削減しようとする動きもある中、ビデオ会議がこうした課題を解決するための有効な手段と考えられています。在宅勤務者や遠隔地のオフィスで働く社員、そして大規模ソリューションから中小規模の企業にとって、手頃な価格で提供されるHDビデオとHDオーディオは、高品質なコミュニケーション環境の拡大に欠かせない要素です」と述べています。

LifeSizeのCEO兼創業者、Craig Malloyは「LifeSize Passportは、ビデオ・コミュニケーション業界に新たな時代をもたらします。高品質なコミュニケーション体験、非常に広範なユーザーとの接続性を備えたHDビデオ・コミュニケーション・システムをこのような低価格で提供できることは、わずか一年前と比べて驚くほど大きな飛躍です。ビデオ・コミュニケーションを幅広いユーザー層に供与することについて、これまで他社が極めて自由な主張を展開してきましたが、その実現に不可欠な革新技術を提供しようとしているのはLifeSizeに他なりません」と述べています。

LifeSize Communicationsについて

LifeSizeは、HDビデオ・コミュニケーションのパイオニアです。業界経験者によって2003年に創設されました。日本では2006年9月に日本法人、ライフサイズ・コミュニケーションズ株式会社を立上げ日本のVCマーケットに参入して以来、多数の実績をあげています。
LifeSizeのソリューションは、非常に優れた品質、操作のシンプルさ、管理のしやすさを兼ね備え、生産的で真に迫るビデオ・コミュニケーションを作り出します。LifeSizeはテキサス州オースティンを本拠地とし、ヨーロッパおよびアジア太平洋地区に子会社を、また80カ国を超えるチャンネルパートナーのネットワークを擁しています。

  • * 本リリースに記載されている登録商標は、米国LifeSize Communications, Inc.の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
  • * その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

お問合せ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

製品に関するお問い合わせ先
ITソリューション営業本部 ネットソリューション部  担当:今村
TEL:03-3504-5906
報道機関お問い合わせ先
社長室 広報・IRグループ 担当:塩澤
TEL:03-3504-5637
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。