ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

「CSR報告書2010」を発行

社会にかかわる課題の解決への取り組みなど非財務情報をステークホルダーへ開示

2010年7月1日

株式会社日立ハイテクノロジーズ(執行役社長:大林 秀仁/以下、日立ハイテク)は、このたび「CSR報告書2010」の「ダイジェスト版冊子」を発行、また詳細版WEBコンテンツである「CSRへの取り組み」(http://www.hitachi-hitec.com/about/profile/csr/)を公開いたしました。

当社は2002年に初めて「環境報告書」を発行し、2005年からは「CSR報告書」へと内容を拡充して、当社のCSR活動をステークホルダーの皆様にご理解いただけるように努めています。今回は、「事業活動を通じた社会への貢献」と題した特集ページで、当社の特色を生かした、環境保全に貢献するビジネス等の事業活動を取り上げました。また、CSR各分野の活動実績と今後の課題を含め、当社の取り組みを包括的に報告する内容といたしました。

日立ハイテクは、CSR推進本部および関連各部門を中心にCSR活動に継続して取り組んでおり、日本経済新聞社「第13回環境経営度調査」において7年連続で商社部門第1位の評価を受けています。今後も、経済や環境、社会にかかわるさまざまな課題の解決に向けた取り組みにつき、非財務情報の報告として「CSR報告書」の内容充実を図り、ステークホルダーの皆様に信頼され、かつ魅力ある企業となることを目指していきます。なお、英文版は8月に、中文版は9月にそれぞれ発行予定です。

「CSR報告書2010」の主な内容

  1. 日立ハイテクのCSR
  2. トップコミットメント
  3. (特集)事業活動を通じた社会への貢献-「環境保全」に貢献するビジネス・事業活動(下記内容)
  4. 活動報告と今後の課題

【特集内容】

「太陽光発電分野を幅広くカバーするソリューションの提供」
「低炭素社会の実現に貢献する自動車搭載デバイスの提供」「高性能な分析装置で環境ビジネスの拡大に貢献」「モノづくりを通じた環境への取り組み」「植林活動による地球環境保全への貢献」

「CSR報告書2010」(ダイジェスト版冊子)
「CSR報告書2010」(ダイジェスト版冊子)

お問合せ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

お問い合わせ先
CSR推進本部 コンプライアンス推進部 担当:荒  TEL:03-3504-7058
報道機関お問い合わせ先
社長室 広報・IRグループ 担当:松本、丸山 TEL:03-3504-3258
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。