ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

日立ハイテク - 米国Compunetix社協業発表

次世代ビデオ会議多地点接続装置「EVERGREEN」販売開始

2011年1月19日

株式会社 日立ハイテクノロジーズ(執行役社長:大林秀仁/以下、日立ハイテク)は、通信業界向けに40年以上にわたり高い拡張性と高信頼性システムを提供しているコンピュネティクス社 (Compunetix Inc. 本社:米国ペンシルベニア州モンロービル)と、 同社が開発、生産するビデオ会議多地点接続装置(Multi-point Control Unit 以下MCU)「EVERGREENTM(エバーグリーン)」に関して総販売代理店契約を締結し、販売を開始致しました。
またEVERGREENにつなげて活用頂けるPC画面上で簡便な会議を実現するビデオ会議ソフトウェア「STixTM(スティックス)」の提供も開始致します。

日立ハイテクとコンピュネティクス社は2010年9月に締結したEVERGREENの総販売代理契約に基づき、今後EVERGREENをソリューションの中核に据え、ビデオ会議・音声会議関係製品、サービスの提供、コンサルティング、保守・サポートまでお客様の要求に応えるコミュニケーションソリューション"ハイテクビジョン"としてワンストップソリューションをますます拡充してまいります。

Compunetix EVERGREENの特長

EVERGREENは、HD対応の圧縮効率の高いH.264などの映像圧縮方式に対応し、帯域の異なるネットワークを自動調整しながら連携するなど、端末やネットワークを柔軟にコントロールすることで高度なインターオペラビリティーを実現します。
また複数MCU同士を光ファイバーで接続させることで大規模なビデオ会議インフラを構築でき、HD(高精細)品質で最大450拠点まで拡張する機能も開発・サポート予定です。これにより数拠点の支店接続から全国数百拠点の店舗接続、また日本だけでなく世界各国の拠点を結んだ大規模かつ安定したコミュニケーション環境を実現します。

ATCA*(Advanced Telecommunication Computing Architecture)などの通信プラットフォーム向け標準規格にも準拠し、接続カード、シャーシ、電源を冗長化、複数障害発生時での安定稼働制御機能も大規模コミュニケーション環境を支援します。

さらに日立ハイテク独自開発のビデオ会議システム運用管理ツール「EZ会議TM」により、ビデオ会議の予約、拠点管理、会議開催、利用ログ取得など簡易操作で運営が可能です。

  • * 通信機器の物理的・論理的な仕様を定めた国際規格。国際標準のハードウェアを使用することで、通信事業者のサービス開発期間・コストの削減が可能

Compunetix STixの特長

ビデオ会議ソフトウェアであるSTixは、PC画面上で会議を行うことが可能なビデオ会議システムで、チャットやファイル転送、画面取得や表示、PCデータ送信やホワイトボード機能など 会議に必要な豊かな機能を備えています。また、EVERGREENのリモート制御や画面分割レイアウトの変更も可能です。今後、日立ハイテクがご提案するビデオ会議システム「ハイテクビジョン」は、豊富なラインナップを揃えお客様に最適なコミュニケーション環境を実現し、お客様のビジネスを加速することを強力に支援してまいります。

お問合せ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

お問い合わせ先
ITソリューション営業本部 ネットソリューション部 担当:霜田、小鍛冶 
TEL03-3504-7541 or 6120
報道機関お問い合わせ先
社長室 広報・IRグループ  担当:松本
TEL:03-3504-3258
広報代理ウェーバー・シャンドウィック 担当:鬼頭、谷地田
TEL:03-5427-7386
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。