ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

インド共和国に現地法人を設立

―インフラ設備、自動車・製薬市場でのさらなる事業展開へ―

2014年4月15日

株式会社日立ハイテクノロジーズ(執行役社長:久田 眞佐男/以下、日立ハイテク)は、2013年4月12日付にて、インド共和国(以下、インド)ハリヤナ州グルガオンに、日立ハイテクノロジーズインド会社(以下、日立ハイテクインド)を設立しました。

インドは人口12億人を擁する巨大な市場があり、中間所得者層の増加などにより今後も著しい発展が見込まれています。2012年に始まった第12次5ヵ年計画では、道路・鉄道・エネルギー等のインフラ設備の拡充や、自動車・製薬等の製造分野においても市場の拡大が期待されています。

日立ハイテクのインド向け事業は、1988年に日立ハイテクノロジーズシンガポール会社(旧シンガポール日製産業会社)がニューデリー出張所を開設、2007年にはインド支店へと拡張し、半導体・CD/DVD・自動車関連部品等、主にインド向けの輸入事業を中心に展開してきました。
現在、インドに進出する日系企業が900社を超え、インド国内における直接取引の要望も増加傾向にあります。これを機に日立ハイテクは、インド国内外でのさらなる事業展開に向け、今までのインド支店を新たに、国内取引が可能な現地法人として、日立ハイテクインドを設立しました。

日立ハイテクインドの設立により、日立グループの注力地域の一つでもあるインドで、日立ハイテクが持つグローバル営業力・グローバルソーシング力を発揮し、早期に、同国における年商100億円突破をめざします。日立グループの競争力強化に向けたグローバル調達の拡大を推進するとともに、将来的にはインドを基点とした中東・アフリカ向けの輸出事業等の展開も視野にいれていきます。
日立ハイテクは、今後も、新事業・地域開発を積極的に推進し、グローバルマーケットにおける事業拡大により一層注力してまいります。

日立ハイテクインドの概要

日立ハイテクインドの概要
商号 Hitachi High-Technologies India Private Limited
所在地 インド共和国 ハリヤナ州グルガオン
住所 #209, Time Tower, M.G. Road, Gurgaon, Haryana, 122002 India
TEL +91-124-4217224
社長 大村 貞明
業務内容 産業用機器、工業、電子材料、ソフトウエア製品の販売及びサービス
従業員 12名
設立日 2013年4月12日
資本金 5千万ルピー
主要株主 日立ハイテクノロジーズシンガポール会社(日立ハイテクの100%子会社)

お問合せ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

お問い合わせ先
CSR本部 CSR・コーポレートコミュニケーション部
担当:武内、松本
TEL:03-3504-7760
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。