ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

2013年5月21日

(独)INOVAセミコンダクターズ社(注1)と同社製品の販売代理店である株式会社日立ハイテクノロジーズ (注2)は、アナログ・デバイセズ社(注3)と共同により、5月22日~24日 パシフィコ横浜で開催予定の「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2013」で、スマートフォンのアプリケーションやコンテンツと車載機器の融合を実現するAPIX2.0(注4)ポートエクステンダ搭載製品を出展します。

今回紹介するAPIX2ベースの「ポートエクステンダ」ソリューションは、HD解像度スクリーンのリアルタイムミラーリングと高品質オーディオに対応し、1本の4芯ケーブルだけで12メートルまでの通信が可能になります。これにより、自動車メーカーは車両内のほぼあらゆる場所にHDMI/MHLの入力ポートを追加することができるようになります。さらにAPIX2のマルチチャネル・アーキテクチャを活用し、同一のAPIX2リンクを使うことで、複数ポートへの拡張機能の設計も可能です。これによって配線コストの低減、複数の車載ディスプレイでのコンテンツ共有が実現します。

また、APIX2の高速データ通信機能を利用したポートエクステンダの採用により、車載エレクトロニクス機器を簡素化します。例えば、ポートエクステンダに含まれる様々なIC部品の設定を、標準的なI2CやSPIプロトコルに対応する車載インフォテインメントユニットからAPIX2を介して一括制御でき、ポートエクステンダ内部のコントローラが一切不要になります。さらにHDCPアクセラレータ機能によって、車載インフォテインメントユニット、およびディスプレイに携帯デバイスを接続する際のコンテンツ保護認証など、必要な機能を実行できます。

今回のデモンストレーションではアナログ・デバイセズ社のHDMI対応APIXトランシーバ「ADV7680」とINOVAセミコンダクターズ社のディスプレイ向けAPIXレシーバ「INAP395R」を紹介します。これら2製品にはいずれもINOVAが開発した最新世代のAPIX2技術が搭載され、最大2本の高画質ビデオストリームと8チャネルオーディオの高帯域幅デジタルコンテンツ保護(HDCP1.4)をサポートします。

APIX2 は、堅牢性と信頼性に優れた高速シリアルデータ通信リンクで、自動車業界の求める厳しいEMI耐性とコスト効率の要件に対応しています。この技術は車載向け次世代インフォテイメントとドライバー補助システム向け高度データネットワークの構築の為に設計されています。APIX2は下り3Gbps、上り187.5Mbpsの転送レートを実現し、完全に独立した複数のデータフォーマットやプロトコルのリアルタイム同時通信が可能です。APIX2では1本の4芯シールド・ツイスト・ペアケーブルで、2 本の非圧縮HD ビデオストリーム、マルチチャンネル・オーディオ、100Mbpsのイーサネット・データ通信を実行できます。プログラマブル・デジタルフィルターとアルゴリズムの最適化によって最長12メートルの通信ができ、ケーブルの経年変化にも対応できます。

ドイツ ミュンヘンに本社を置く、ISO9001に準拠したファブレス半導体メーカー。設計、マーケティング、製品販売さらに技術ライセンス事業を自社もしくはグローバルに広がる代理店のネットワークを通じて展開しています。
信頼性の高い高速シリアルデータ通信製品に特化し、標準STP(Shielded Twisted Pair)銅線で最大50m、光ファイバーケーブルで500mを超えるギガビット/秒級のデータ伝送を実現します。同社のGigaSTaRTM、GigaSTaR DDLTM、APIXTMの製品ラインアップは、車載機器、産業用や交通市場向けにデジタル・マルチメディア伝送の分野で大きな進歩を実現させています。

日立ハイテクノロジーズは、2001年、株式会社日立製作所の計測器グループ・半導体製造装置グループと、エレクトロニクス専門商社である日製産業株式会社が統合し、誕生しました。メーカー機能と商社機能という2つの機能を持ち、電子デバイスシステム、ファインテックシステム、科学・医用システム、産業・ITシステム、産業先端部材の5つの領域で事業を展開する、先端テクノロジー企業です。
 日立ハイテクノロジーズは、INOVAセミコンダクターズ社製品の販売代理店として、日本を含むアジア向けを中心に、グローバルネットワークを活かしたビジネスを展開しています。

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。

  • (注4)APIX2.0: (Automotive Pixel Link)

INOVAセミコンダクターズ社の商標車載向けに最適化した高速作動インターフェースです。
HDCP はDigital Content Protection LLCの商標です。その他のすべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。

お問合せ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

お問い合わせ先
INOVA Semiconductors
Thomas Rothhaupt
TEL: +49-89-45747567
E-Mail: trothhaupt@inova-semiconductors.de
株式会社日立ハイテクノロジーズ
青掛 光秀
TEL: 03-3504-7555
E-Mail:aokake-mitsuhide@nst.hitachi-hitec.com
武内 怜子(報道機関担当)
TEL: 03-3504-7760
E-Mail:takeuchi-reiko@nst.hitachi-hitec.com
アナログ・デバイセズ株式会社
TEL: 広報・宣伝部
03-5402-8270
E-Mail:Marcom.japan@analog.com
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。