ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

2013年2月7日

当社は、日本経済新聞社の第16回「環境経営度調査」において、非製造業/商社部門第2位の評価をいただきました。(調査結果は、2013年1月27日付け日本経済新聞・と1月28日付け日経産業新聞の各朝刊に記事掲載)

本調査は、企業の環境対策を総合的に評価することを目的に1997年から毎年実施されており、「環境経営推進体制」・「汚染対策・生物多様性対応」・「資源循環」・「温暖化対策」の4つのカテゴリー(非製造業対象)において、企業の環境対策と経営を両立させる取り組みが評価されています。

当社は、「環境経営推進体制」のカテゴリーで商社部門内最高スコアになるなど評価をいただきました。今回の調査内容を参考とし、今後も、グループ全体の環境保全活動レベルの維持向上に努力めてまいります。

評価概要

有効回答数

765社(製造業 438・非製造業 327)

調査方法

124項目(非製造業対象、副設問含む)の調査項目への各社回答内容を評価

当社スコア

トータルスコア 371点(400点が最高点)

*カテゴリー別スコア(各カテゴリー100点が最高点)
環境経営推進体制 100
汚染対策・生物多様性対応 92
資源循環 82
温暖化対策 97

なお、日立ハイテクグループの環境保全活動全般につきましては下記のURL(CSRへの取り組みの環境報告)をご覧ください。