ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

2013年2月15日

12月4日(火)、茨城県ひたちなか市立中根小学校で理科教室を開催しました。
小学6年生約70名を対象に「電子けんび鏡でミクロの世界をのぞいてみよう」というテーマで、卓上顕微鏡Miniscope「TM3000」を使用した授業を行いました。
卓上顕微鏡Miniscope「TM3000」設計担当者が講師となり、光学式顕微鏡と電子顕微鏡の違いを説明した後、実際に生徒が操作をしながら、アリの目や触角、髪の毛等の観察を体験してもらいました。スクリーンに画像が映し出され、倍率があがるたびに生徒から驚きの声があがり、初めて見るミクロの世界に興奮している様子で、どの生徒も夢中になっていました。
このような経験から、一人でも多くの生徒に科学の楽しさを感じていただくために、今後も当社では理科教室支援に継続的に取り組んで行きます。

講師を務めた担当者の一言
「ミクロの世界」に引き込まれ、目を輝かして感動する子どもたちの姿は、本当に素晴らしいです。私たちも顕微鏡観察の面白さを再確認することができました。

熱気にあふれた理科教室
熱気にあふれた理科教室

卓上顕微鏡「TM3000」を実際に操作する生徒の皆さん
卓上顕微鏡「TM3000」を実際に操作する生徒の皆さん

なお、日立ハイテクグループの社会貢献活動全般につきましては下記のURL(CSRへの取り組みの社会性報告「地域・社会とともに」)をご覧ください。