ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

2014年1月10日

日立ハイテクノロジーズ上海会社が北京市内と上海市内の小学校で、環境問題をテーマとした出前授業「日立環保課堂」を実施しました。「日立環保課堂」は、子供たちの環境意識の向上と責任感の育成を目的に、中国国内の日立グループ各社が、CSR活動の一環として中国各地で開催しているボランティア活動です。日立ハイテクノロジーズ上海会社は2012年からこの活動に参加し延べ40人の社員がボランティアとして活躍しています。

2013年11月18日、北京オフィスの社員が、北京市の小学校3年生80名を対象に環境問題についての説明、社員が演じる寸劇、エコクイズで構成された約1時間の授業を楽しい雰囲気の中行いしました。

11月20日には上海本社の社員が、上海市の小学校3年生50名を対象に同じく出前授業を実施しました。上海では寸劇の代わりに子どもたちに手作り顕微鏡の制作を指導し、その顕微鏡で植物標本を観察しながら、植物と森林の大切さを考えてみる、という体験型の授業でした。

「日立環保課堂」は、子供たちの環境意識を高めるだけではなく、社員にとっても授業の準備や実施を通じて環境問題への理解を深めることができる非常にいい機会となっています。日立ハイテクノロジーズ上海会社は、今後も環境出前事業を継続的に実施し活動の輪を広げていきます。

クイズを楽しんでいる子どもた
クイズを楽しんでいる子どもた

北京オフィスのボランティア社員
北京オフィスのボランティア社員

上海オフィスのボランティア社員
上海オフィスのボランティア社員

顕微鏡で植物標本を観察している小学生
顕微鏡で植物標本を観察している小学生

以上