ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

2016年3月30日

11月28日、地球温暖化防止への貢献を目的とした「日立ハイテクやさとの森」育林活動の一環として、樹木の枝を切り落とす「枝打ち」を、茨城森林管理署と芳賀地区森林組合の協力のもと、社員有志とその家族で実施しました。
「枝打ち」とは、節がなく丈夫な木材に育てるために、余分な枝を切り落とす作業です。
参加者は、茨城森林管理署の職員の方々からの樹木に関する解説を受けながらハイキングを楽しみ、「やさとの森」に到着しました。現地では約50分間の枝打ちを行い、その後は、同署の森林ふれあい係の方による環境保全についての講義・環境クイズを通じ、森林保全の大切さについての理解を深めました。
植樹後10年を経過し、樹木の高さは8m程度に成長しています。今後も育林活動を継続的に実施していきます。