ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

7/5(月)研修会を実施しました。最初に大楽人事総務本部長よりシンボルスポーツの在り方についての話を聴き、その後選手とスタッフの混成5グループに分かれ、「Wリーグ上位定着するためには」をテーマに、初のグループディスカッション(手法はワールドカフェ)を行ないました。最後に中北監督(日立製作所)から「バンクーバーパラリンピックで銀メダルを取ったときは、チームがひとつになった」とチームワークの重要性をご講話頂き、スタッフ、選手と共に技能五輪選手、ライフル選手の佐々木さん(日立ハイテク)も聴講しました。
この研修を通して、選手間、スタッフと選手での目的意識を持つことと、コミュニケーションが大切という事が挙げられました。普段からチームの強化に向けて何でも話合える環境作りをして、より良いチームにしていく必要があるということを、一人一人が改めて気づかされました。

拡大

ワールドカフェにて研修風景

拡大