ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

2011年度シーズンをもって、スタッフ2名と選手3名が引退となりました。
たくさんのご声援をありがとうございました。

スタッフ :
  • 松尾 茜 (トレーナー)
  • 阿部 友美(マネージャー)
選手 :
  • 小林 阿古(#2 レイ)
  • 杉山 りえ(#21 リエ)
  • 加藤 佑理(#10 ジョイ)

【コメント】
松尾 茜(トレーナー)
六年間、本当にお世話になりました。
選手、スタッフ、そしてクーガーズを応援して下さっている会社の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
クーガーズを通じて沢山の方々に出会えたことが私の財産です。ありがとうございました。

阿部 友美(マネージャー)
三年間、お世話になり本当にありがとうございました。
私はスタッフとして、チームで一番会社の皆様に近いポジションで仕事をやらせていただいたと思います。
辛い時、嬉しい時、どんな時でも明るく声をかけてくれた皆様、本当にありがとうございました。
クーガーズの応援は、どこのチームにも負けない応援で、そんなチームにいられたことが私の誇りです。

小林 阿古(#2 レイ)
2年間でしたがお世話になりました。
会社のみなさんにはいつもたくさんのご支援とご声援をしていただきありがとうございました。
私はこのチームに移籍して、改めてバスケットが好きだと思えたし、またやりたいと思えました。
こう思えたのも、チームや私個人に対して声をかけてくださったみなさんのおかげです。
本当に感謝しています。ありがとうございました。

杉山 りえ(#21 リエ)
この世界に入り、いろんな方と接する機会が増え、多くの事を学べ、とても充実したバスケット生活でした。
これからも今までの経験を生かしつつ、更にいろいろな面に視野を広げて多くのことを学んでいきたいです。
短い間でしたが、応援ありがとうございました。

加藤 佑理(#10 ジョイ)
四年間という期間でしたが、高校を卒業して何もわからないまま入社し、今振り返るとあっという間の四年間でした。
辛かったり、苦しかったりしたこともありましたが、周りの人のおかげで人間としても成長できたと思います。
ここでの経験をこれからの人生に活かしていきたいです。本当にありがとうございました。